「お笑い」つまらなくなったワケ 横澤彪さんに聞く(上)

印刷

   フジテレビの元ゼネラル・プロデューサー横澤彪さんがJ-CASTテレビウォッチで連載中の「チャンネルGメン(69+1)」が、単行本「テレビの貧格」(東洋経済新報社)として出版された。業界の「ご意見番」ともいえる横澤さんに、お笑いとテレビ番組の「今」を聞いた。

今「ひょうきん族」と同じことすれば、手ひどく批判される

「つくり手の苦労・手抜きは視聴者に伝わる」と話す横澤彪さん
「つくり手の苦労・手抜きは視聴者に伝わる」と話す横澤彪さん

――ビートたけしさんや明石家さんまさんが一躍脚光を浴びた「オレたちひょうきん族」やタモリさんの「笑っていいとも!」を手がけた横澤さんには、現在のお笑い番組はどう映りますか。

横澤 まず、「ひょうきん族」の1980年代とは時代が大きく変わっている。今は、何かミスがあると魔女狩のように攻撃される。規制が厳しく、やりにくい時代の中でやりくりしているのだと思う。いま、「ひょうきん族」と同じことをすれば、手ひどく批判されるだろう、というか、同じようにはできないだろう。「おかしい」「面白い」だけを追い求めていくのには限界がある時代になっている。

――厳しい中、「頑張ってるな」と感じるお笑い番組は?

横澤 お笑いは際どい所を突いていく必要があると思う。そういう意味で「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)は、頑張っている。出演しているナイナイことナインティナインの2人は、今でも体を張って若手がやるような企画に挑戦している。結構、お笑いに対して完全主義なんだろうね、こだわってやってる感じがビンビン伝わってくる。

――では、つまらない番組は。

横澤 どの番組が、ではなく傾向として2点不満がある。1つは似たような番組が多すぎる。もう1つはお笑いを細切れに扱い過ぎている。1点目は、視聴率が高い他局番組を安易に真似しているということ。自分たちが番組をつくっていた時は、いかに他人と違うことをやるか、少しでも違う点を出したい、とやってきた。とても大変だし、当たるかどうかバクチみたいな所もある訳だけど、そうした苦労をするエネルギーが欠けている気もする。

「くそじじい」なんて言われると、ちょっとうれしい

――お笑いを細切れに扱い過ぎている、というのはどういう意味ですか。

横澤 短いネタや一発ギャグをショーケース的に紹介する傾向が強すぎるんだ。芸人は「ギャグで受けギャグで死ぬ」と以前から言われてきた。ただ、ギャグだけじゃ、すぐに飽きられてしまう。しっかりネタを作り上げないと。今のテレビの現状を考えると、瞬間的というか、細切れというか、そんな傾向が出てくるのは分からない訳ではない。それでも、大げさに言うとネタへの冒涜だ、と思える番組が多すぎる。

――番組への厳しい意見に対しては、読者から厳しいコメントが寄せられることもあります。

横澤 批評するときは、なるべくいい所をフィーチャーしたいと思っている。いい所はいい、でもつまんない所ははっきり指摘する。まあ、テレビウォッチ編集部がつける見出しは厳しい点をフィーチャーしてる気もするけど(笑)。コメントは大歓迎。いろんな見方、意見があるなと参考になる。実はね、「くそじじい」なんて言われると、ちょっとうれしいんだ。

   *<編集部注>*
J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が、「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版されました。出版を記念して、テレビウォッチでは、横澤さんの直筆サイン入り「テレビの貧格」を5人の方にプレゼントします。みなさんに川柳に挑戦して頂き、「優秀賞(Gちゃん賞)」に選ばれた5人の方へ郵送させて頂きます。詳しくは以下の記事に載っています。

   *「『川柳で 横澤さんに 挑戦だ』 サイン本プレゼント」(2008年6月24日)


【横澤彪さんプロフィール】

1937年生まれ。東京大学文学部社会学科卒業後、フジテレビのゼネラル・プロデューサーや吉本興業専務、鎌倉女子大教授などを歴任した。フジテレビ時代には「笑ってる場合ですよ!」「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも!」などの人気番組を手がけた。著著に「30代からの自己プロデュース」(新講社)などがある。


インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中