「値上げ」カップめんに大異変 PB躍進、日清、明星など落ち込み

印刷

   食品の値上げが相次ぐ中、カップめん業界に異変が起こっているようだ。2008年に入り、ナショナルブランド(NB)の商品が値上げで売り上げが落ち込んでいるのに対し、小売り大手が展開しているプライベートブランド(PB)が大きく躍進しているようなのだ。「PBがNBを抜いた」というところもあり、業界を牽引してきたナショナルブランドは苦しい状況に追い込まれている。

「価格改定の影響はある」と認める

好調なPBのセブンプレミアム「しょうゆヌードル」
好調なPBのセブンプレミアム「しょうゆヌードル」

   2008年6月17日の日経新聞は、日経POSデータをもとに、値上げ前の売上高と08年5月の売上高を比較したデータを公表している。それによれば、日清食品の「カップヌードル」が52%減、明星食品の「一平ちゃん夜店の焼そば」が14%減、東洋水産の「マルちゃん赤いきつねうどん」が33%減、といった具合にナショナルブランドのカップめんの売上高が大きく減少している。

   日清食品は2008年1月に「カップヌードル」の価格を155円から15円値上げ、東洋水産も「マルちゃん赤いきつねうどん」を同じく155円から15円値上げした。めん製品の原材料となる小麦粉と、包装資材の原料となる石油製品の価格高騰の「ダブルパンチ」で、値上げが避けられない状況に追い込まれた。

   日清食品広報部はJ-CASTニュースに対して、「データは公表していないが、それ(日経POSデータの52%減というデータ)ほど大きく減少している事実はない」と説明する。その一方で、「売り上げが減少しているのは確かで、価格改定の影響はある」と話す。

「売価が上がってしまうので業界でも努力をしなくてはいけない状況。価格に見合った価値を感じて頂くために、メーカーのブランド力を活かして、エコカップの導入や簡便性を向上するような商品を提供していかなくてはいけない」(同社広報部)

   東洋水産は、値上げによる売り上げへの影響について「多少の影響はある。数字は公表していない」と述べるにとどまっている。

 PBカップめんは40円以上安い

   一方で、プライベートブランドのカップめんが人気商品になってきている。セブン&アイは「イトーヨーカ堂」などでセブンプレミアム「しょうゆヌードル」を販売しているが価格は88円。イオンのトップバリュ「ヌードル」は78円。西友の「グレートバリューしょうゆヌードル」も78円と、ナショナルブランドのカップめんの店頭価格よりも40円以上低く抑えられている。そのせいもあって「販売は好調」(セブン&アイホールディングス広報センター)だという。

「メーカーのものと同品質で低価格に抑えられているのが好調である要因の一つ」

と話すのはイオンの広報担当者。PBのカップめんはもともと人気商品だったが2008年に入ってから売り上げが2倍に増えた。いまでは「工場がフル稼働でも間に合わない状態」だという。しかもイオン店舗では、「NBのトップブランドよりも(PBが)売り上げでは上」の状態。ナショナルブランドが、プライベートブランドに追い抜かれる現象も見られる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中