ブラックベリー、サムスン新機種… スマートフォン「日本戦争」勃発

印刷

   スマートフォンの普及が比較的遅れていると言われた日本市場で、新端末登場の動きが相次いでいる。欧米で人気のビジネス用端末「ブラックベリー」が個人向けに発売されるという動きが表面化しているほか、韓国・サムスン電子がアイフォーンに対抗するタッチパネル端末を発表、日本でも08年内に発売されると報じられている。「スマートフォン戦争」が加熱しそうな様相だ。

欧米で人気のブラックベリーが日本上陸

サムスン電子の新端末「オムニア」に注目が集まりそうだ
サムスン電子の新端末「オムニア」に注目が集まりそうだ

   タッチパネルによる操作方式が注目を集めているアップル社の携帯端末「iPhone(アイフォーン)」が、国内では2008年7月11日にソフトバンクモバイルから発売されることが発表されたのを受け、対抗機種をめぐる動きが加速している。

   そのひとつが、欧米で人気の端末「BlackBerry(ブラックベリー)」をめぐる動きだ。カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)社が開発したキーボード付き端末で、一般的なスマートフォンと同様に通話・メール送受信ができるほか、ワードやエクセルのファイルを見ることもできる。セキュリティー水準を高める独自の仕組みが企業にうけ、ビジネスマン以外にも、米国ではニューヨーク市消防局、農務省、国防総省などの官公庁でも導入。60か国で600万人以上が利用しているとされている。なお、真偽ははっきりしないものの、07年6月に英高級紙「デイリー・テレグラフ」が報じたところによると、エリザベス女王も愛用しているという。

   日本ではNTTドコモが06年から法人向け限定でサービスを行っているが、個人向けにも販売を始めるというのだ。産経新聞では「08年8月から」と報じているがNTTドコモ広報部ではJ-CASTニュースに対して

「前向きに検討しているというのは事実ですが、具体的な発売時期については、まだ発表できる時期ではありません」

   と話しており、ブラックベリーの個人向け発売が近づいているというのは間違いなさそうだ。

サムスン「オムニア」ソフトバンクから発売?

   もうひとつの動きが、韓国・サムスン電子がアイフォーンに対抗して開発したタッチパネル端末「OMNIA(オムニア)」だ。同社が08年6月9日に発表したところによると、500メガピクセルカメラでの撮影、ワードやエクセル、音楽再生機能、GPS機能などが利用できる。08年7月に欧州市場に投入される予定。「オムニア」とは、ラテン語で「何でも(everything)」を意味するとのことで、アイフォーンよりも多機能な「オールインワンケータイ」として注目を集めそうだ。

   オムニアは08年6月20日までシンガポールで開かれていた見本市で展示され、サムスン電子は日本経済新聞に対して、同端末をソフトバンクモバイルから08年中に日本国内で発売することと、国内向け端末にはワンセグ機能が新たに搭載されることを明らかにしたという。

   ソフトバンクモバイル広報部では、

「当社からは、まだ何も発表できる状況ではありません」

    と、ノーコメントを貫いているが、仮にオムニアがソフトバンクから発売された場合、同社はアイフォーンとあわせて有力なタッチパネル端末2機種を手中に収めることになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中