サントリーのビール部門 45年かけて黒字化へ

印刷

   サントリーのビール事業が開始45年目にして初めて黒字化しそうなのだという。日本のビール総出荷量は1994年をピークに下がり続けているが、サントリーの2007度の販売量は前年比15%増。08年5月は同29%増と絶好調だ。業界3位のサッポロを抜くのは時間の問題との見方も出ている。ただ、佐治信忠社長は、現状の業界シェア2倍の「25%を狙わなければ意味がない」と相当に強気だ。

「業界シェア20%、25%を狙わないと意味がない」

サントリーのビール事業黒字化が話題に(写真はイメージ)
サントリーのビール事業黒字化が話題に(写真はイメージ)

   朝日新聞(08年6月24日付け)に佐治社長のインタビューが掲載されていて、ビール事業が08年12月期に黒字化する見通しだ、と書かれている。同社がビール事業に参入したのは1963年。黒字化するのに45年かかったことになる。売り上げ好調の理由は、高級ビールの「ザ・プレミアム・モルツ」や第3のビール(新ジャンル)の「金麦」「ジョッキ生」の販売が好調だったため。「ザ・プレミアム・モルツ」は08年1~5月の販売量は前年同期比27.9%増。新ジャンルに至っては同42.5%増といった具合だ。

   業界他社は原材料の値上がりで08年2月から順次値上げしたが、同社は08年9月まで据え置いた。理由は飲んだことのない人への販売のチャンス、と捉えたから、と佐治社長は話している。業界3位のサッポロ(08年1~3月の販売シェアは13.3%)を抜くことを前提に、

「3、4位の争いは大して関心がない。シェア20%、25%を狙わないと意味がない」

とブチあげている。

「ビールブランドが消費者に定着してきた」

   しかし、事業をスタートして数年も赤字が続けば一般的には縮小したり廃止したりする。赤字を45年間も続け、粘り強く黒字化に持っていったというのは驚きだ。同社広報はJ-CASTニュースの取材に対し、ビール事業の赤字について、

「お酒トータルで扱っていると言うことが会社にとって重要。ビールがあることで、営業の提案にも幅が広げられるわけです」

とし、同社のウィスキー、ブランデーなど様々なジャンルに好影響を与えてきたのだと話している。08年12月期でビール事業が黒字化できそうな背景には、高級ビールや新ジャンルのブランドが消費者に定着してきたためだ、としながら、

「5月まで好調に来ているが、需要のピークとなる夏はまだ先。これからも一層売り上げを伸ばしていくことが必要で、現在のところは『黒字化できればいい』という段階なんです」

としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中