過熱人気「iPhone」早くも品切れ? ソフトバンク店「予約打ち切り」続出

印刷

   ソフトバンクモバイルから発売されるアップル社製端末「iPhone(アイフォーン)」が早くも発売日に品切れになりそうな様相だ。ソフトバンクモバイル店舗の一部では「先行予約」を受け付けていたが、「反響が大きすぎる」「予約があまりにもいっぱい」との理由で予約の受付を打ち切る店が相次いでいる。

1日50件も問い合わせの電話がかかってくる

iPhoneの「先行予約」がすでにいっぱい
iPhoneの「先行予約」がすでにいっぱい
「ご予約はしておりません。受け付けたのは(6月)10日の初日だけで・・・。初回の入荷が50台あるのかないのかといったところですので」
「予約があまりにもいっぱいで・・・。今は受け付けていません」
「反響が大きすぎて、予約についてはご案内できない状況です」

   ソフトバンクモバイルが2008年7月11日に発売する「iPhone 3G」。一部の店舗では6月10日から順次「先行予約」を受け付けていたが、予約を急きょ打ち切る店舗がここへきて続出している。

   J-CASTニュースがソフトバンクモバイル店舗に問い合わせたところ、困惑した答えが次々に返ってきた。なかには「iPhone」について、1日50件ほどの問い合わせの電話がかかってくる店舗もあるという。「いままでにない反響」(都内の店舗担当者)に店員も驚きの様子だ。ソフトバンクモバイル広報はJ-CASTニュースに対し、「入荷の台数については公にしていない」としており、どれくらいの端末が確保できているのかはわかっていない。また「先行予約」についても、

「(同社の方針としては)予約は受け付けないようにしている。店舗ごとの入荷台数がどれくらいになるのか決まってないので、お渡しできない可能性もある」(同広報担当者)

と話す。

発売日に購入希望者が店舗に殺到する?

   どうやら一部で販売代理店側が独自に「先行予約」を受け付けていたというのが真相のようで、あまりにも予約が殺到して在庫の確保が不透明になってきたため、「先行予約」を急きょ打ち切る店舗が相次いでいる模様だ。

   「iPhoneの予約なのですが、Cancelとさせて頂きます」という電話が店舗からかかってきたというブログ(「朝之丞のTry and Tested」)まである。

   ソフトバンクモバイルは2008年6月23日に「iPhone」の料金プランを発表。8G・16Gモデルのうち、8Gモデルについては、端末料金を割賦で支払う「ホワイトプラン」を基本とし、パケット定額料も含めて24か月・月々7280円で利用できることが明らかになった。「後継の機種に比べても料金は実質安め」(ソフトバンクモバイル広報)としており、料金について「割安感」が出たことで、人気に拍車がかかることは確実だ。発売日以降の予約についても「店舗に実際に足を運んだ方しか予約を受け付けない」という店舗まであり、発売日に購入希望者が殺到する事態も予想できそうだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中