海外のホテル代高騰 出張サラリーマン「痛い持ち出し」

印刷

   海外ホテルの宿泊費が値上がりしている。ただ、会社から支給される宿泊費は据え置きで、サラリーマンは海外出張のたびに自腹を切らざるをえない、という「痛い事態」になっている。

シンガポールではホテル代も年々上昇中?

   富山県の石井隆一知事らが2005年11月に中国を訪れた際、1泊5万円のホテルに宿泊した。ところが、県内の市民団体がその一部を返還するよう求めた訴訟を起こし、1泊2万円を超えた分については返還するよう命じる判決が出たという。2008年6月18日に各紙が報じた。

   富山県人事課によると、同県では、国家公務員の旅費を定めた「国家公務員等の旅費に関する法律」にもとづいた値段を定めていて、知事の場合の中国での宿泊費は1万7400円と定められている。5万円は「高すぎる」という見方が多いが、本当に1万7400円で大丈夫なのか。

「5万円のホテルは今やそう珍しくない。ユーロを筆頭に外貨が値上がりしているなか、海外ホテルの宿泊費も軒並み上がっている」

   海外出張が多いという会社員男性はこう言い切る。

   男性によると、特に西ヨーロッパとシンガポールでの値上がりがすごい。数年前の2倍以上だ。つい最近、イギリス・ロンドンで泊まったホテルは、日本で言えば安ビジネスホテルといったところで、バスタブもなくシャワーだけ。しかも、狭くて日当たりも悪いのに、1泊4万円近くだった。

   1泊1万円以下でも泊まれる東京のビジネスホテルと比べると、3倍以上という値段だ。これでは支給される2万円弱という一日あたりの宿泊費を大幅に超え、持ち出しになる。さらにレストランも値上がりしていて、食事1品とワインを少し飲むと1食あたり5000円くらいになるそうだ。宿泊代以外に少々「日当」をもらっても、とてもカバーできない。

   ビジネスマンと思われる人物のブログ「地方ではたらく輸入会社社長のブログ」では、

「ここ数年でアジアのある都市で私が定宿としているホテルのコーポレートレートが55USドル (5年前)から120USドルにまで跳ね上がっております」
「経済好調なシンガポールではホテル代も年々上昇中だ。おまけに空室率も年々下落」(なでしこ論。)

といった意見が書き込まれている。

ロンドンは3~5万円台が多く、8万円以上も

   海外出張の宿泊費は、民間企業でも、公務員の「旅費法」を参考にしていることが多く1泊2万円以下が相場のようだ。財務省支給局の担当者によると、旅費法で定められている宿泊費は1984年から変わっていない。「高くすると国民から不満がでる」というが、職員の間でもこの基準が古く、場所によっては旅費が足りないという声も上がっている。

   一方、JTBグループの出張専門旅行会社、JTBビジネストラベルソリューションズが展開する海外ホテルの予約サイト「MyBTS」で主要都市のホテルを検索してみると、中国上海は2~3万円台、シンガポールも2万円前半~3万円台が多い。仏パリは3~5万円台、英ロンドンも3~5万円台が多く、8万円以上のものもある。とても規定内ではとまれない実態が垣間見える。

   民間会社の場合、支給される宿泊費を超えても「明らかな理由」がない限りは自腹で支払うという。しかし明らかな理由の定義が明確でなく、「普通は出してもらえない」そうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中