つんく♂ 「バリバリバリ」と目の皮がはがれる恐怖

印刷

   「モーニング娘。」の生みの親で音楽プロデューサーのつんく♂さんは、朝起きて、目を開ける瞬間に恐怖を感じると、2008年7月2日のブログに書いている。

   目を開けたまま寝ることが多いつんく♂さん。決まって目が乾いて、「目玉の薄皮が乾いたまぶたに引っ付いて、バリバリバリ・・・」と痛い思いをするという。年に2、3回も起こっていて、1日中涙が止まらなくなる。こんな日にライブがあるとコンタクトが使えず、

「メガネでライブをやったのです。
スポーツ選手みたいな後ろにゴムをつけてね」

と、涙ぐましい努力をしている様子。

   最近は寝る前に軟膏を塗っていて、バリバリバリと目の皮がはがれる日も少なくなった。しかし欠点もある。ベッドで本読もうと思っても、視界が真っ白だ。

「はぁ。なんかいい軟膏ないかな?
抗生物質とか、そんなクスリの入ってない、
なんか、昔ながらの何か良いの」
と、尋ねている。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中