殺害17歳少女のタトゥー 素人が彫ったものだった?

印刷

   他殺体で見つかった宮城県在住の17歳少女にあった入れ墨のタトゥーは、「素人が彫ったもの」との見方が出ている。18歳未満への入れ墨は、条例で禁止されてもいた。若い女性のタトゥーブームで、事情をよく知らずに入れる場合もあるようだ。

携帯プロフに自らのタトゥー写真を貼り付け

   よほど気に入っていたらしい。岩手県内で2008年7月1日、他殺体で見つかった宮城県栗原市の無職佐藤梢さん(17)は、携帯電話のプロフィールサイトに、自らのタトゥー写真を貼り付けていた。

   背中の肩から腰にかけて、バラの花2輪の間をチョウが舞う。

「ゃっと完成 予想外のできに驚き てか感激 また彫ってもらう 今度ゎ腕がいいかな」

   プロフの日記には、こう綴られていた。その後に彫ったのか、佐藤さんの遺体の右腕には、クモが彫られているのが見つかっている。

   今回の事件では、警察が岩手県内の彫り師らを当たっていたと報じられている。しかし、タトゥーが佐藤さんを特定する手がかりになったかと言えば、必ずしもそうではないようだ。

   仙台市内で「スタジオ昌芳」を経営する彫り師歴30年以上の蛭田幸雄さんは、こう言う。

「あれは、素人が彫ったものですよ。プロであれば、だれが彫ったか分かります。宮城では、プロショップが5、6店ありますが、素人はたくさんいます。駅前などで、素人がよく若い女の子を相手に彫っています。だから、だれが彫ったかはなかなか分からないでしょうね」

   さらに、18歳未満に入れ墨を入れることは、宮城県では、青少年健全育成条例で禁止されている。「17歳に入れるなんてスタジオを閉鎖するようなものですから、プロは彫りません」と蛭田さん。佐藤さんが他県で彫った可能性はあるが、もし地元で彫ったのなら、素人が違法で行ったということになるようだ。

「アクセサリーを買う感覚で彫りに来る」

   タトゥーは、歌手では、浜崎あゆみさんが右肩に一時ユニコーンの絵を入れていたり、安室奈美恵さんが左腕に息子の名前を彫っていたりしている。そんな影響から、若い女性に人気がある。「コンビニなどに、タトゥーを特集するファッション雑誌は、たくさん置いてあります。だから、宮城だって東京と同じですよ」と蛭田さんは言う。

   スタジオ昌芳では、20~30代を中心に女性が客の約7割を占めるという。「当初は、芸能人の影響もあったようですが、最近は、友人がやっているからと、アクセサリーを買う感覚で彫りに来るようです。若い女性がタトゥーをしているアメリカと同じような感覚に近づいていますね」

   タトゥーを彫るのも、手軽にできるようになったとも言う。「ネットや雑誌の通販で、安いキットを買えます。そして、雑誌などを見て、絵をこんな感じにとパッと彫ることができます」。佐藤さんのタトゥーも、「通販キットで彫ったレベル。プロなら最低10万円はするものの、素人なら4、5万円で彫れる」という。「だから、小遣い稼ぎでやる人が増えるんです」

   もっとも、18歳未満は違法になる場合があるが、このような現状で、なかなか目が行き届かないらしい。

   大変なのが、タトゥーを消すことだ。蛭田さんによると、消すのは痛く、1年かかることもあるという。あざが残る可能性もある。蛭田さんは、こう嘆く。

「先のことを考えないで彫る若い人が増えています。消すことの大変さを考える人は、そんなに安易には彫りませんよ」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中