「キスしちゃうぞ」釈由美子 姉の赤ちゃんにでれでれ

印刷

   女優の釈由美子さんは、産まれたばかりの「姉の赤ちゃん」にでれでれだ。2008年7月8日のブログには、赤ちゃんの世話をする釈さんの様子が綴られている。

   いつも時間ができると姉の家に飛んでいくという釈さん。赤ちゃんをあやしたり、ミルクを飲ませたりと、こまめな世話に忙しそうだ。赤ちゃんがかわいくて仕方のない様子は、ブログのこんな表現からもわかる。

「お腹すいたのかな 私も乳が出ればいいのに・・・」
「キスしちゃうぞ」「あんまり、かわいすぎるからチュウしまくりです」
「奇跡の2ショットが撮れました!(=´∇`=)カメラ目線v(≧∇≦)v イェェ~イ♪ ね。かわいすぎて、やばいでしょう(笑)」

   掲載された複数枚の写真は、赤ちゃんとのツーショットばかりで、ほっぺにキスしたものや添い寝風のものもあった。そんな中、「私も、いつか母親になれるのかな」と未来の我が子に思いを馳せる釈さんであった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中