佐藤江梨子 ドラマ撮影で一番緊張する瞬間

印刷

   女優の佐藤江梨子さんは現在ドラマの撮影に入っていて、連日奮闘している。2008年7月9日のブログにこう書いている。

   このところ、ブログでドラマの撮影をしていると明かしていた佐藤さんは、急遽台詞が変わってビックリしたという。

「当日に台詞が変わるのに私はものすごい緊張をおぼえる」

   以前、テレビ朝日系ドラマ「相棒」に出演したときのこと。主演を務めた水谷豊さんが半ページ近く台詞が変わっても2回軽く読んだだけで、すぐに覚えていた。さらに芝居も素晴らしく、佐藤さんは「こういう方が役者さんって言うんだ!」と思ったことを、今でもしっかり覚えているという。

「私も頑張って役者さんになりたい!」

こんな風に「宣言」している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中