安倍麻美 歌舞伎町のクラブ「刺激的すぎます」

印刷

   タレントの安倍麻美さんはドラマでホステス役を演じることになり、勉強を兼ねて歌舞伎町のクラブに行ってきたと2008年7月13日のブログに書いている。

「行ってきたよ!歌舞伎町のクラブ。
歌舞伎町は、すごいね。奥の方まで行ったことがなかったから、歩いてるだけでも楽しめる感じ」

   ビルの壁にはホストの写真が掛けられていて、「皆さんお顔が整ってらっしゃる。こんな人に接客されると、恋しちゃったりするんだろーなぁ」とか、歩道にはバニーガールが立っていて「刺激的すぎます」と、目的地に着くまでに興味津々だった様子。

   目当ての店に入ると、ずらりとホステスに出迎えられて、「なんだか嬉し恥ずかしな感じ」だった。席に着くと、

「酔っ払ったふとっちょおじさんが、女の人のドレスの中のブラを触ってる!」

と、衝撃的なシーンを目撃。はじめは目のやり場に困ったが、複数のホステスとおしゃべりをして1時間30分も店にいたそうだ。そのなかで、店の女性同士がライバル意識を持ってることを感じたという。

「そこは芸能界にいる私にもわかることで、人間関係とかすげぇ大変そうだなと感じた」

   役作りの収穫は大きかったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中