iPhone「事前予約受け付けず」 足並み乱れ店舗で混乱

印刷

   アップル社のタッチパネル式の携帯電話「iPhone(アイフォーン) 3G」が発売され、携帯電話端末としては異例の盛り上がりを見せている。「事前の予約を受け付けない」という異例の方針がとられたが、あまり明確な理由は見いだせない。ただ、店舗によっては「実は予約を受け付けていた」ケースも存在し、一部の店舗では混乱も起こっているようだ。

「契約にかかわることなので、コメントできない」

有楽町では約360人が列を作った
有楽町では約360人が列を作った

   2008年7月11日、iPhoneが全国で一番早く発売された「ソフトバンク表参道」には、徹夜組を含めて1500人以上が列を作り、その長さは約800メートルにも達した。ヨドバシカメラのマルチメディアAkibaやビックカメラの有楽町店にもiPhone購入希望者の長い列ができ、混乱を避けるために整理券を配布するなどして対応。この日用意された分は完売した。

   ところが、発売元のソフトバンクモバイルが「iPhoneについては事前予約は受け付けない」という方針をとっていたため、各地で混乱が生じているようなのだ。小売店では「事前予約ができない」というケースはあまり多くない。今回の異例の措置の理由について、一部では

「品薄感をあおってブランドイメージを維持するために、アップル社が予約販売を認めなかったのでは」

との憶測も広がっている。ソフトバンクモバイル広報部は、

「(アップル社との)契約にかかわることなので、コメントできない」

と、「ノーコメント」との立場。事前予約を行わなかった理由については

「事前予約を受け付けたとしても、必ず製品をお渡しできるとは限らないため」

と説明した。

   ところが、J-CASTニュースでも6月24日に「過熱人気『iPhone』早くも品切れ? ソフトバンク店『予約打ち切り』続出」という記事で報じたように、「実は『先行予約』を受け付けていた」という店舗も少なからず存在する。同社の方針に反して小売店の「勇み足」となった形だが、これが尾を引き、一部では混乱も発生した。

事前予約で販売され、並んでも購入できない店も

   例えば日経BP社のニュースサイト「ITPro」が報じたところによれば、同社の代理店「ソフトバンクモバイル恵比寿」では、iPhoneを購入できなかった来店者の苦情が殺到し、iPhone発売時間であるはずの7月11日正午時点で閉店を宣言。シャッターが8割程度閉められた状態が続いた。開店前に20人程度が列を作っていたが、「同店の割り当て分は、事前予約をしていた購入希望者や法人に販売され、並んでも購入できない」といった情報が伝わり、列を作っていた人の怒りに火をつけた模様だ。同店では、

「予約を受け付けたわけではなく、仮予約を受け付けた」

などと釈明しているという。J-CASTニュースでも同店に経緯を問い合わせてみたが、

「ソフトバンクモバイルの広報を通してほしい。こちらからはお答えできない」

と、ノーコメントだった。

   また、都内の別の店舗では、7月11日夜の時点で、

「お客様からご要望いただいたお品物なのですが、ご予約いただいたお客様から順番にご連絡を行なっており、お客様の順番が入荷台数に届かなかった為、次回入荷以降でのご案内とさせていただきます。ですので、入荷次第ご連絡させていただきます」

とのメールを予約客に送付。予約をしても購入できない、という状況が続いている。

   ソフトバンクモバイルの広報部では、一連の足並みの乱れについて、

「量販店など、一部ではそのような(事前予約を受け付ける)ことも発生した可能性はありますが、弊社としては事前予約は行わない、という方針です」

と話すにとどまっている。

   当面は品薄感が収まる見通しは立っておらず、購入希望者の間で混乱が続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中