金25年ぶりの高騰 投機資金流入でまだ上がる可能性

印刷

   金の価格が高騰している。貴金属事業を展開する田中貴金属工業によると、2008年7月15日の金の小売価格は1グラムあたり3505円で前日比6円上昇。前週の7月9日から4営業日連続、151円と急上昇した。じつに25年ぶりの高値で、連日の高値更新となった。国内の金相場は米ドル安を背景に3月に高騰、その後一時下がったが6月に入って再び上昇してきた。「まだ、上がる」との見方も出ている。

小さい市場に多くの資金流入

金の価格が上昇している。「まだ、上がる」との見方も
金の価格が上昇している。「まだ、上がる」との見方も

   金価格が上昇する背景には、米国の金融不安がある。サブプライム問題をきっかけに経営危機が懸念されているファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)とフレディーマック(連邦住宅貸付抵当公社)への公的資金の注入案が浮上しても、動揺は収まらない。田中貴金属工業は、「米ドルの信用リスクが高まり、下落する。その影響が大きい」とみている。

   また世界的な株式市場の低迷で、投資マネーが原油や穀物など「モノ」に流れていて、金への資金流入もその表れといえる。「(金の市場は)株式に比べてケタ違いにマーケットが小さいのに、そこに多くの資金が流れ込んでいる」(同社貴金属部)ことが、急上昇の要因でもある。

   金の価格上昇を受けて、金地金を換金するお客が増えているが、田中貴金属工業では「高値ではあるが、(市場に)動きがあるので、そこに注目して購入する人は少なくない」と話している。金には相場変動リスクがあるが、それ自体に価値がなくなることはない。インフレヘッジとしてのニーズや、株式や債券などとともに分散投資のひとつとして着目する人も増えているという。

   原油価格の高騰などでインフレ懸念が高まり、金の価格上昇は世界的な流れ。国際相場の上昇につられて国内も上昇しているというわけだ。

金ETFもジワジワ上昇

   金の価格上昇で、東京証券取引所が6月30日に上場したばかりの「SPDR(R)ゴールド・シェア受益証券」(金価格連動型上場投資信託)の株価も上昇している。東証によると、7月14日の金ETFの株価は終値で1万160円だったが、15日は1万180円と20円上昇。「急上昇ではないですが、ジリジリといった感じで上がっています」としている。

   東証に先行する大阪証券取引所の金ETFは、7月15日の株価が終値3260円で、売買高が約36万口だった。大証は「3月に金価格が上昇したときは1日40万~50万口の売買高があった。それには及ばないが、かなり増えてきた印象がある」と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中