「竹島明記」に抗議 駐日韓国大使が一時帰国

印刷

   文部科学省が公表した中学校の新学習指導要領の解説書に、竹島の領有権問題が明記されたことをめぐり、韓国の権哲賢駐日大使は2008年7月15日、韓国政府の指示で一時帰国した。権大使はこれに先立ち同日、外務省を訪れ、藪中三十二外務次官に対して抗議している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中