北陽あぶちゃん ある食材に「ギョエ―――ッ!」

印刷

   お笑いコンビ北陽のあぶちゃんこと、虻川美穂子さんが2008年7月15日のブログで、ある食材に「ギョエ―――ッ!」と悲鳴をあげている。

   「おっぞろしい!昔食べていたのに…。都会の生活になれすぎたのか…」と恐る恐る紹介する食材の正体は、パック詰めされた「イナゴ」だ。

   イナゴは昆虫のバッタの仲間。海産物の少ない山間部で食されることがあるが、都心部ではあまり見かけない一品。掲載された写真はたぶん「いなごの佃煮」なのだろう、イナゴのボディは独特の茶色がかった様相だ。

   パック詰めされたイナゴを見た虻川さんは一言。「何故だ! イナゴ! パックに入っていると、とてもグロテスクさが増すぜ!」。とはいうものの、「だけど、食べたら、やっぱり美味しい♪」。見た目で決めつけたらいけないよ、とおどけていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中