BS放送「通販番組多すぎ」 「政府が規制」の動き

印刷

   BSデジタル放送の新規参入を目指す事業者に対し、通販番組などの放送量を政府が規制する可能性が出てきた。BS各局の通販番組は、放送の半数近くを占め、「通販番組が多すぎる」といった指摘も寄せられている。専門家からも「放送免許をもらったことをいいことに過剰なマーケット中心主義に走るのは、放送産業の衰退を進める」といった指摘もでている。

不満が視聴者側から噴出

総務省のBSデジタル放送の「通販番組」規制はあるのか?
総務省のBSデジタル放送の「通販番組」規制はあるのか?

   2008年7月16日付の朝日新聞は、総務省が新規にBSデジタル放送に参入する事業者に対し、通販・ショッピング番組などの広告放送の総量規制を課す、と報じた。同紙によれば、広告に偏った番組編成で視聴者からの苦情や消費者団体からの要望もあってのことだという。

   総務省は、2011年にBSアナログ放送が終了することやBSデジタル放送枠の拡大を受け、BSデジタル放送に新規参入する事業者の認定に動いている。08年7月中には放送業務の認定に関する基本的方針が発表される予定だ。同省情報通信政策局はJ-CASTニュースに対し「現在まさに作業途中のもので(広告放送を規制については)どういうことであのような報道になったのかは把握していない」と話している。しかし、朝日新聞は、同省幹部の

「広告が自己目的化した番組を大量に流す放送局を優先的に参入させる理由はない」

という言葉を紹介しており、新規参入事業者への広告放送規制が現実味を帯びているようだ。前出の同省情報通信政策局の担当者も「審議会や研究会のなかで、消費者団体と目される方々から意見を頂いているのは確か」としており、通販番組が多すぎることへの不満が視聴者側から噴出しているのは確かだ。

「視聴者からの指摘は通販番組が多い。人によって見る時間帯が異なるだろうが、テレビのスイッチを入れたときに通販番組にあたることが多いと、通販番組しかやっていない印象を受けてしまう」

昼間午後2時から5時まで連続して通販番組を放送

   あるBSデジタル局の放送番組審議会ではこんな発言も関係者から出た。

   実際、民放キー局系のBSデジタル各局の番組表を見てみても、40~60%が通販番組で占められているのが現状だ。民放各局が深夜に通販番組を放送することが多いのに対し、BSデジタル局のなかには昼間午後2時から5時まで連続して通販番組を放送している局まである。「通販しかやっていない」といった印象を視聴者が持っても仕方がない状況だ。

   07年度決算では民放キー局系BSデジタル5社全局が黒字化を達成しているが、番組枠をそっくり広告番組として販売する事業が好調だったことが指摘されている。

   放送評論家の志賀信夫さんは、通販番組が多い現状について、次のように指摘する。

「放送免許を取ることが、利益を上げる目的の手段となっており、あまりにもマーケット中心主義になっている。これでは視聴者は、インターネットに自分が求める情報を見に行く傾向が加速し、ネットの支配に従属することになるだろう。視聴者のニーズや文化向上に繋がる放送をしなければ、結果として放送産業の衰退につながっていくことになる」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中