波田陽区 「3」に取り付かれた理由

印刷

   お笑い芸人の波田陽区さんが2008年7月16日、携帯向けサイト「モバゲータウン」内の日記で、2008年の戦略を打ち出している。

   「羞恥心」や「Perfume」の活躍をテレビや雑誌で目の当たりにする今日この頃。波田さんはピンきた。ともに3人組みユニットなのだ。「…3!? 待てよ…」。そういば、「世界のナベアツ」は3の倍数のネタで人気だし、ブレイク中のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」にも「サン」がつく。さらにさらに、話題の「鼠先輩」「ジェロ」「オバマ」にも、みんな名前が3文字だと気づいたのだ。

「…これは偶然なはずがない」

   そういうわけで、波田さんは、2008年は「3」がつけば間違いないと踏んでいる。

「俺、明日、三軒茶屋の3階に引越します。
そして飯はサンクスのさんま弁当を3食。
そして三つ角にある宝くじ売り場で3億円宝くじを3枚購入。
そしてサングラスをして三日月を眺めながらサンコンさんと三角関係になります」

   もはや、「3」に取り付かれている波田さんであった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中