ラサール石井 「耳ツボ」ダイエットに物申す

印刷

   酒をやめてダイエットに取り組んでいるというタレントのラサール石井さんは、今度は「耳ツボダイエット」を始めたと2008年7月16日のブログに書いている。

「人から紹介されて耳ツボダイエットを始めたのでした。
行ってみて驚いた。想像していたものとまるで違っていたからだ」

   耳にある痩せるツボをぎゅうぎゅう押して刺激して痩せるのかと思っていたが、実際はハリ治療の置き針に似たようなもので、小さい金属球をテープで貼って止めるだけ。「まあピップエレキバンみたいなもんですな」。しかも痩せるツボがあるわけではなく、食欲を抑えるツボを刺激してるだけだ。さらに食事制限もある。

「食事の量を半分に減らす
間食を食べない
油ものを控える
補助サプリメントで栄養を補充する」

   これに対し、「ちょっと待って それだったら誰でも痩せるだろう!」という疑問も。おなかはすかなくなったが、

「痩せられるかな。あまり自信ない」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中