国際数学五輪で金2  出場6人全員がメダル獲得

印刷

   文部科学省は2008年7月21日、スペインのマドリードで開かれていた国際数学オリンピックで、灘高校(兵庫)3年の関典史さんと筑波大学付属駒場高校(東京)2年の副島真さんが金メダルを獲得した、と発表した。それ以外にも2人ずつが銀メダル、銅メダルを獲得し、日本から出場した6人全員がメダルを得た。国別成績は11位だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中