SNSで起業家志望学生狙い撃ち 「まず身なり」と高額スーツ売りつけ

印刷

   起業を目指す大学生が高額なスーツを買わされる被害が最近になって頻発し、消費者センターが注意を呼びかけている。インターネット上や大学内で「起業のための人脈作りが学べる」などと誘われ、「まずは身なりから」ということで高額なオーダースーツを購入させられるというものだ。被害者はSNSのプロフィールに起業家志望などと書き込んだことで業者のターゲットにされたようだ。

「企業の人に会うにはまずはオーダースーツが必要だ」

起業家志望学生を狙って高級スーツを売りつける商法が相次ぐ 
起業家志望学生を狙って高級スーツを売りつける商法が相次ぐ 

   東京都消費生活総合センターによれば、2008年6月下旬からこれまでに16件の被害相談があった。実際はこんな感じだ。

   大学生がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に起業家希望とプロフィールに書いていたら、「君に最適な環境を紹介する」と誘われた。カフェで会うと「一流企業に勤める人とふれあい、自分を成長させる経験を積むことができる」と言われた。そして、「企業の人に会うにはまずはオーダースーツが必要だ」などと言われ、高額なスーツを購入させられたという。

   また別の大学生は、SNSで知り合った知人から1日10万円稼げる話を聞いて事務所を訪れたところ、19万円の高額スーツ購入が条件と言われ、契約を結んだ。「ビジネストレーニング」などと称して、「とにかくアポを取れ」と友人のアドレスを書き出すよう言われた。

36万円のオーダースーツを購入させる

   東京都消費生活総合センターはJ-CASTニュースに対し、

「(被害にあった)皆さんはどなたも起業家になりたい、キャリアアップしたいという方々で、人脈が広がるといった誘いを受けて高額なスーツを買わされるというパターンです。業者は不特定多数を勧誘しているのではなく、SNSのプロフィールで起業家志望であることを書いた人が誘われるという傾向がある」

と説明している。学生は起業家になりたくてまずは20万円ほどのスーツを購入させられるが、いつの間にか「スーツを売ると儲かる」と誘われ、他の人にもスーツを買わせるように指示されるという。被害者には未成年も含まれており、最近になってこうした相談が急増したため、都では大学などに注意喚起をはじめた。

   同じようなケースは神奈川県や千葉県でも相次いでいる。神奈川県では、こうした勧誘を「営業」として学生にやらせ、50万円を売り上げさせる、という例もあった。また、千葉県では、「自分を変えるためのビジネストレーニング」と称して、「まずは身なりから」と言って36万円のオーダースーツを購入させたという例もある。

   神奈川県のかながわ中央消費生活センター では

「起業セミナーの交流会等でマルチ商法の組織に勧誘するケースが見受けられます。相談者の希望するような結果にはならない事例が多くなっていますので、セールストークに惑わされず、契約する際はよく内容を確かめ、十分検討するようにしましょう」

とホームページで呼びかけている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中