火災の八幡製鉄所、操業を再開

印刷

   新日鉄八幡製鉄所(北九州市)のコークス工場で発生した火災は、2008年7月30日午前、ほぼ鎮火した。火災は7月29日午前6時45分ごろ発生し、小規模な爆発も2回あったが、けが人はなかった。火災にともなって粗鋼の生産を中止していたが、7月30日午前7時半ごろから、粗鋼を生産する高炉の稼動を再開した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中