監督品川祐 映画『ドロップ』の撮影終わる

印刷

   お笑い芸人の品川祐さんが2008年7月31日のブログで、初監督をつとめた映画『ドロップ』の撮影を終えたと明かしている。

   「超嬉しいけど、超淋しいです」。1ヶ月以上に及んだ撮影に入る際、品川さんは常に考えていたことがある。

一つ目は「めちゃくちゃ楽しむ」
二つ目は「めちゃくちゃ楽しませる」
三つ目はもちろん「面白い映画にする」

   そういうわけだから、毎日ボケて、ツッコンで、イジって、笑った「笑顔の絶えない現場」になったとふり返る。すべてのスタッフ、キャストがいい感じに「乗っかって」くれたからだ。

   また、先輩芸人が、友情出演で訪れた際にはこんなことを言われた。「いい雰囲気の現場やな。スタッフもキャストもええ感じやな」。一方、キャストやスタッフからは、「(芸人らは)やっぱ面白いですね。現場盛り上げてくれますね」と褒められたそうだ。

   どちらに対しても鼻が高かったと喜びを隠せない様子。品川さんは、これからは「気合を入れて」編集作業に入るという。

「これだけみんながやってくれたのに映画がつまらなかったら、全部僕のせいです。
絶対に面白い映画にして恩返しするんで待ってて下さい」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中