青木裕子アナ「TBSやめません」 不倫疑惑には「コメント差し控える」

印刷

   スポーツ紙が「退社へ」と報じて去就が注目を集めていたTBSの青木裕子アナウンサー(25)が、2008年8月3日のテレビの生放送でTBSをやめない決断をしたことを明らかにした。ただ、退社の理由として噂された「不倫問題」について答えは差し控える、とした。

退社について上司と話し合っていたのは事実

   8月3日朝、青木アナはTBS系の情報番組「サンデージャポン」に生出演した。番組の最後、司会の「爆笑問題」田中裕二さんが青木アナに話を振った。すると、仕事に対する迷いや不安があり、会社をやめるかどうかについて上司と相談していたと認めた上で、「(最後は)TBSで頑張っていきたいという結論に至っています」と退社を否定した。「お騒がせして済みません」とも話した。

   番組コメンテーターの西川史子医師が「不倫の方は?」と質問すると、「何でこんなことが書かれているのか分からない」「プライベートの方は、お答えは控えさせて頂きます」と明言を避けた。

   青木アナの「引退」報道は、8月1日に複数のスポーツ紙が報じた。日刊スポーツは、仕事上の悩みがあることなどを指摘し、「秋にも退社」と伝えた。一方、スポーツ報知は、近く発売される週刊誌に「プライベートな問題を報じられる」として、「一両日中にも退社の運び」との見方を示した。

   また、8月1日発行の東京スポーツ(2日版)によると、青木アナに「新不倫騒動」が発覚した。「お相手」は「30代後半」の妻子あるテレビ関係者だとしている。 「不倫騒動」と女子アナ・キャスターといえば、元テレビ朝日系局のアナウンサーだった山本モナさん(32)が、フジテレビのキャスターを「降板」となったことが記憶に新しい。

以前にも不倫騒動起こす

   青木アナは、06年に「サンデージャポン」担当ディレクターとの不倫が写真週刊誌に報じられた。また、07年夏には別の「サンデージャポン」関係者との交際が発覚していた。いずれも青木アナには番組降板などの「お咎め」はなかった。

   青木アナの携帯ブログ「青木裕子の明るく楽しく」には、8月3日昼現在、今回の退社騒動に関する話題は載っていない。プロ野球オールスター第2戦のハーフタイムショーにボーカルの1人として出場することを報告した8月1日の更新が最新の書き込みだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中