品川祐監督映画にあの先輩が出演

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんは、自身が監督を務めた映画「ドロップ」に「次長課長」の河本準一さんに出演してもらったと、2008年8月3日のブログに書いている。

「いやー
やっぱこの人も面白いね」

   河本さんが撮影に参加したのは、最終日だった。これまでにも品川さんの知り合いの芸人が何人も現場に来ているが、「そのトリなわけです」。

   一方の河本さんは、そんなプレッシャーをものともせずに、爆笑をさらって行った。撮影後には品川さんの元にこんなメールが届いた。

「すごくいい現場の雰囲気やったな!
お前の人柄の良さがいいスタッフを
呼んだと思うで(笑)
でも改めてスタッフに感謝せんとなっ
後少しがんばれよ」

   これに対して品川さんは、「いい先輩でしょ。面白いだけじゃなくて優しい先輩でしょ。本当にいい先輩を持って僕は幸せ者です」。ところが、その後で河本さんに渡したはずの花束が撮影現場に置き忘れているのを発見する。しかも、その上には河本さんがかぶっていた帽子が置いてある。

「もう、
ただのいい人で終われない人なんだから。
ドジだね」

   芸人としてのツボをおさえているところも、河本さんの魅力のようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中