首都圏の街頭風景すべて見える! グーグル驚異の新機能「Street View」

印刷

   さまざまな新サービスを展開するグーグルだが、地図上の場所を歩行者の視線から見ることができる「ストリートビュー(Street View)」の機能が日本でも提供されることになった。首都圏の道路の大半が収録されており、ネットユーザーからは「自宅のごみ捨て場が写っている!」といった驚きの声があがっている。

首都圏のあらゆる道路から見える光景が、継ぎ目なく撮影

J-CASTニュース編集部がある建物も確認できる
J-CASTニュース編集部がある建物も確認できる

   グーグルは2008年8月5日、「グーグルマップ」の機能「ストリートビュー」の対象地域を日本にも広げた、と発表した。同サービスは07年に米国で始まり、50都市の情報を提供している。提供地域では、検索した場所の風景を歩行者の視点で360度の写真で楽しむことができ、人気を集めていた。

   グーグルの発表によると、サービスの提供が始まったのは、札幌、小樽、函館、仙台、東京、埼玉、千葉、横浜、鎌倉、京都、大阪、神戸12都市。

   通常の「グーグルマップ」が表示されているときに、衛星写真の表示時と同様に「ストリートビュー」ボタンを押すと、新機能が利用できる。撮影された写真は、ユーザーが360度回転させて見ることができるほか、上下に動かしたり、建物を見渡したりすることもできる。

   驚異的なのが、撮影された写真の多さだ。「マップ」上では、ストリートビュー機能が利用できる区域が青く表示されるのだが、首都圏で言えば、西は相模川沿い(茅ヶ崎市)、東は千葉市、北はさいたま市まで「真っ青」な状態で、首都圏のあらゆる道路から見える光景が、継ぎ目なく撮影されているのだ。もちろん、J-CASTニュースが入居するオフィスの周辺も収録されており、建物から女性が出てくる様子が確認できる。もっとも、公道上から撮影した写真ばかりなので、衛星写真とは違い、大学キャンパスや皇居内部の様子などはわからない。

   ほとんど「首都圏の風景はどこでも見える」と言っても間違いがない状態で、J-CASTニュース編集部の中でも、

「自宅のごみ捨て場が写っている!」
「父親が庭いじりしている!」
「昔住んでた家見つけた。多分、写真は何ヶ月か前に撮影されたものだと思う」

といった、驚きの声が次々に上がっている。

撮影した写真の顔の部分だけに「ぼかし」を入れる

   気になるのがその撮影方法だが、グーグル側は「カメラを搭載した車を使った」としか明らかににしておらず、車の台数や撮影期間については「毎度のことですが、公表しておりません」(広報担当)と口が堅い。

   ただし、複数のブログで、「Googleマップ」ステッカーが貼ってあるトヨタの「プリウス」の目撃情報が確認されていることから、

「プリウスの改造車を撮影に使っているんですよね?」

と確認すると、

「『改造車』というほどではないです。カメラが上に乗っかっているだけです」

と、やはり撮影にはプリウスが使われている様子だった。なお、この「プリウス撮影車」は、ブログによる情報を総合すると、(1)品川ナンバーのものと成田ナンバーのものがある(2)助手席には液晶ディスプレイとキーボードが設置されている(3)屋根上にはポールまたは、やぐらのようなものが設置されており、その上に360度撮影可能なカメラが据え付けられている(4)走行速度は遅め、といった特徴があるようだ。

   個人情報との関係が気になるところだが、米国では08年5月に、撮影された写真の顔の部分だけに「ぼかし」を入れる機能が導入されており、この機能が日本版でも導入されている。それ以外の「不適切な画像」についても、ユーザーが発見次第通報できる機能が備えられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中