ちばてつや、赤塚不二夫の訃報に「寂しいよーっ」

印刷

   『あしたのジョー』の作者で知られる、漫画家のちばてつやさんが2008年8月3日のブログで、2日に亡くなった赤塚不二夫さんを偲んでいる。

   赤塚さんの訃報があったその日、ちばさんは夜中にもかかわらず、ついテレビをつけてしまった。「ああ、やっぱり本当だったんだな。淋しいよーっ」。

   そういうわけで、今夜は眠れそうにないのだと続ける。酒を飲みながら君を偲ぼう、と粋に思っているようだ。そして、こんな風に優しく語りかけている。

「いやいや、いいんだ、不二夫ちゃんは、もう、ゆ~っくりお休み。長い入院生活でもうずいぶん疲れたもんねぇ。若い頃はいろいろお世話になったね、どうもありがとう」

   「まあ、ボクもまもなくそっちに行くから」とちばさん。「又マンガの話をしながら一杯やろうぜ、ちょっと待っててな」。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中