にしおかすみこ、ジムで遭遇「フン!ヌォォォォー!!」

印刷

   タレントのにしおかすみこさんが2008年8月30日放送の日本テレビ系「24時間テレビ」の企画で、津軽海峡を泳いで渡ることになった。ブログでは現在、トレーニングにいそしんでいる様子を紹介している。

   8月10日の記事。津軽海峡を渡ることになったものの、その距離は37キロメートル。潮の流れも速く、にしおかさんは不安な思いでいるという。そこで、筋力をつけるべく、ジムへと通っている。ただ、ジムでは肩身の狭い思いをしているみたいだ。

「マッチョの方々が、いっぱいいて。
バーベルを上げるたびに『フン!ヌォォォォー!!。。。フン!!ヌホォォォー!!』と
びっくりするような声が、あちこちから聞こえてくるので。
目をつぶると。
なんとなく。
牧場にいるみたいだな。。。。とか思いながら。
端の方でビビりながら、腹筋をしています」

   津軽海峡の横断は錦野旦さん、金子貴俊さんらとともにリレー形式でゴールを目指す。ちなみに、水泳のコーチとして、ソウル五輪の金メダリスト・鈴木大地さんがついている。にしおかさんは、憧れの鈴木さんと話ができたことを喜んではいるものの、

「すごい波の時に、もがいて、呼吸もままならないときに、
(鈴木大地)コーチが『そう!その調子!』と言われると。
いったい。。。。。どの調子なんだろう。。。。。。。思ったり。。。」

   厳しい挑戦に、なにかと四苦八苦しているにしおかさんであった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中