英米で増えるYouTubeで「尋ね人」 日本でもはやるのか

印刷

   動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」を使った「尋ね人」探しが英語圏を中心に盛んになってきている。英国ではチャリティ団体が同サイトに公式チャンネルを開設し、100人以上の「尋ね人」についての情報を動画として公開。日本でも増えるのだろうか。

誘拐犯人の逮捕に結びついた例も出る

サンドラ・ボスさんは、娘を返すようYouTubeで訴えていた
サンドラ・ボスさんは、娘を返すようYouTubeで訴えていた
「彼女を家につれて帰るのをどうか手助けしてください」

この様なメッセージとともに2007年4月に米国で消息を絶ったリサ・ステビックさんについての動画が「ユーチューブ」にアップされたのは07年5月のことだ。

   また、娘を元夫に誘拐された英在住のサンドラ・ボスさんが

「今あなたに、どうかどうか(娘の)スノックを返して欲しい。私たちの意見の相違を解決できるもっといい方法があるはずです」

と同サイト上で訴える動画が08年7月末に同サイト上にアップされた。閲覧数は2008年8月5日現在ですでに4万を超え、08年8月5日の米英の各紙によれば、FBIの捜査から逃れていた元夫は逮捕・起訴されたという。

   英国の「尋ね人」を探すチャリティ団体「Missing People(ミッシング ピープル)」は「ユーチューブ」内に公式サイトを開設している。2008年8月現在で、100人以上の「尋ね人」の情報が掲載され、なかには1日で1万回ほど閲覧される動画もある。

日本では人探しでも「求人広告」

   2008年8月1日のロイター通信は、

「TVでは行き届かなかった、とても多くの人にアクセスできる。誰でもコンテンツを投稿できるし、数百万の人たちに情報を届けることができる」

などとする米メディア調査会社コムスウェアのアンドリュー・リップスマンのコメントを紹介しており、「ユーチューブ」をつかった「尋ね人」探しが同サイトで増加しているとの見方を示している。

   国内では、「ユーチューブ」を活用したこうした「尋ね人」探しの動きは今のところ広がってはいないようだ。しかし、「求人広告」というかたちで「人探し」をしているユーザーも出てきている。

   ある東海地方の美容室では、動画のなかで店員が意気込みを語ったり、店長が挨拶するなどしてスタッフを募っている。また、ある歯科医院では「私たちと一緒に働いてみませんか?」とメッセージをつけてスタッフや病院内の写真を掲載している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中