IZAM 10年前の自分にのけぞる

印刷

   「SHAZNA」のヴォーカル、IZAMさんは街を歩いていたら、10年前の自分曲が爆音で流れていたと、2008年8月18日のブログで驚きを語っている。

   IZAMさんは1990年代にヴィジュアル系バンド「SHAZNA」のヴォーカルとして一世を風靡。何より、女性と見紛うような出で立ちで注目を集めた。最近再結成されたが、女装は封印している。

   この日、あるDVD販売店の前を通ると、その頃の曲「Melty Love」が、流れていた。10年も前の曲だ。のけぞるくらい驚き、何事かとその店に目をやると、外に向けて流している大画面にプロモーションビデオまで流していた! さらによく見ると、画面の斜め上には、『今、これが熱い!!』と書かれた紙が貼ってある。思わず、「何年前に貼りましたか? 」と、店員さんにつっこみたくなった。

   当時の自分の姿を見て、

「本当に何か恥ずかしいです…」

というが、

「あまりの可愛さにウットリ…」

   まんざらでもなさそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中