1年足らずで6割下落 上海株五輪後の大不安

印刷

   上海株式市場の下落傾向が続いている。2008年8月19日の上海総合株価指数は前日に比べて、わずかに上昇2344ポイントで取引を終えた。前日に売られた銀行や石油関連株に買い戻しがあった。しかし、その前日が年初来最安値の2297ポイント。07年10月のピーク時には6000ポイントをつけていたのだから、1年も経たないうちに6割も下落したことになる。「株価が2300台で落ち着くのかも不透明」(シンクタンクの研究員)で、不安が不安を呼ぶ悪循環に陥っている。

株価政策打ち出せず、投資家は落胆

   中国選手の金メダルラッシュに沸く北京五輪だが、上海株式市場はさっぱり。8月19日の上海総合株価指数は一時、前日比0.97ポイント安い2297まで下落した。2300割れは2006年12月18日以来、約1年8か月ぶりのこと。その後は銀行株や電力株で買い戻しがあって持ち直したが、とにかく散々なあり様だ。

   上海総合株価指数の7月以降の推移をみると、6月の下落基調が続いて7月上旬は2600台まで下落したところで割安感が出て株価が反発。しかし、08年上期の主要経済指標が発表された7月17日には成長率の低下傾向が明るみになり、再び下落。7月は2600~2900の範囲で推移した。

   ところが、8月に入って北京五輪がはじまると、これまでの「五輪景気」の終焉とばかりに下落傾向に拍車がかかった。あるシンクタンクの研究員は、上海株が上がらない原因を、「やるやる、といっている株価対策が、まったく行われないことに投資家が嫌気をさしている」と指摘する。

五輪開催でマイナス面がクローズアップ?

   上海株下落の引き金は、中国政府による「引き締め策」とされる。07年10月までは北京五輪開催前の建設ラッシュなどで景気も上昇、株価にも勢いがあって、急激に6000ポイントに乗った。「引き締め策」はそんな株式市場を一たん冷やすための措置だったが、これが予想以上に効いた。

   さらには08年上期の主要経済指標が予想以上に悪かった。「中国政府は景気対策こそ打ち出したが、株価対策には手をつけなかった。投資家はそれに落胆し、先行きの懸念材料にもなった」とみている。

   ある証券マンは「五輪バブルだったとはいえ、6割の下落。調整局面なんていうものではない」と嘆く。2ケタの経済成長が見込めなくなったことや四川大地震の影響も小さくないが、これらに加えて「五輪で海外メディアへの露出が増えたことで、かえって中国が抱えている諸問題がつまびらかになってしまったことがマイナス面に働いたのでは」と推測する。

   中国景気の後退、また中国政府などが保有している株式が近く市場に放出されるとの観測もあって、上海株はまだ下がるとの見方が根強い。不安が渦巻くなかで、2010年の上海万博はまだ遠い先の話。株価浮上の起爆剤になるような材料ではないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中