30~40歳代の働く女性に 「就活」ならぬ「婚活」がブーム

印刷

   「婚活(結婚のための活動)中です」――そんな言葉が30~40歳代の働く女性から普通に聞かれるようになった。結婚しにくい今の時代には「就活」ならぬ「婚活」が不可欠で、合コンや見合いを積極的に行い、結婚相談所や紹介サービス会社に足を運ぶのもいとわないというのである。

チャンスを待つのでなく「狩りに出る感覚」に変化

   「婚活」とは、「就活(就職活動)」のアナロジーとして作られた言葉。広まるきっかけは、08年3月に発行された新書『婚活時代』(ディスカヴァー・トゥエンティワン社)。結婚できない男女が増えている現状では、就活のように結婚するにも活動が必要だと説き、未婚女性に大きな衝撃を与えた。これをきっかけに、「婚活を始めた」「意識しだした」という声も聞かれる。

   婚活の方法は、友人に紹介してもらったり、合コンへの参加、インターネットの掲示板を使ったりと、様々だ。結婚紹介サービスを利用する人も増えている。以前は男女の出会いを提供するという仕組みにどこか抵抗感があって、周りに秘密にしている人が多かった。「モテない」からと思われるのではないか。そんな「ミエ」も働いたようだ。

   最近では、30~40歳代の女性を中心に積極的に入会するようになっているそうだ。さらに、入会したことを友人に打ち明けたり、ランチの話題にしたりと、オープンに話をするようになった。5万1140人が会員登録している大手紹介サービス、オーネット(東京都品川区)の担当者は、

「本によって婚活という言葉が広まり、結婚のチャンスをただ待つという姿勢から、『狩りに出る感覚』といいましょうか、女性を中心に積極的なものに変わってきています。そうした流れの中で紹介サービスを利用することへの抵抗感、アレルギー的なものがなくなりつつあります」

と変化を語る。

社内恋愛して結婚、というパターンが崩壊

   ここでは、個人情報や結婚相手への希望事項を記したデータ使ってマッチングを行うほか、年間その数2000回以上のイベントを実施し、出会いの場を提供する。

   紹介サービスが盛り上がっている背景には婚活ブームもあるが、恋愛や結婚相手を見つける場が変わってきたことも大きい。

「社内恋愛の後に結婚する、というパターンが崩壊してきています。男女ともに、社内では別れたら仕事がしづらくなると考える人が増え、会社は恋愛の場ではないとまで言う人もいます」

   利用者の中心は男女ともに30~40歳代。いわゆる団塊世代ジュニアで、未婚者が多い世代だと言われている。ただ、問題がないわけではない。特に男性の年齢へのこだわりは相当強く、自分よりも10歳以上も年下の女性を希望することもある。同年代の女性は対象外で、候補が狭まってしまう。

   一方、女性の場合は、最初は少し年上を希望するが、相手の性格や相性を重視するので、年下の男性も受け入れるようになる。

「女性は結婚に求めることをはっきりと思い描いています。出産のリミットも考えているため、いつまでに結婚したいという時期も決めています。ところが男性の場合は、結婚に対して漠然とした願望を抱いていて、よくあるのは、『若い人』『かわいい人』という条件です。こうした男女間の意識の差が、結婚にうまく結びかない要因にもなっていて、難しいしいところですね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中