「ザ・たっち」弟かずや 双子で嫌だったこととは

印刷

   双子のお笑いコンビ、ザ・たっちの弟かずやさんが2008年8月25日のブログで、「双子で嫌だった事」3つを紹介している。

   ブログのコメント欄に、双子を持つお母さんから「双子で嫌だった事はありますか?」との質問が寄せられたことがきっかけだ。かずやさんは言う。「そりゃたくさんありまよー!」。今回、厳選した3つが冗談交じりに綴られている。

   (1)参加した覚えがない「鬼ごっこ」に巻き込まれる

   小学生のときのこと。容姿が似ているために突然、背後から「はい次お前が鬼ー!!」とタッチされた。たくやさんが参加していたと思われる鬼ごっこに、「たくやのフリして参加」することになってしまった。

   (2)片方が迷子になると恥ずかしい

   4~5歳くらいのときの記憶。ディズニーランドでたくやさんが迷子になってしまったことがあった。困ったお母さんは、かずやさんの顔を掴んで、「すみませーん!!誰かー!!こんな子見ませんでしたかー?」。子供ながらに恥ずかしかったと回想する。

   (3)コントや漫才の役割に困る

   2人でコントをする際、「警察と犯人」「医者と患者」といった役割を持つことがある。ただ、双子で顔が似ているために、「お客さんがどっちがどっちか分からなくなっちゃうんですよ!」。お笑い芸人という職業柄、とても困っているそうだ。

   とはいうものの、「常に仲の良い友達が横にいるような感じ」で楽しいです、と双子の魅力をも綴っている。「双子の子育ては騒がしくて大変だと思いますが頑張って下さい!!!」

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中