糖尿病薬を誤投与、女性患者が死亡

印刷

   青森県五所川原市の公立金木病院で2008年6月下旬、70代の女性入院患者に、利尿薬と誤って血糖降下薬が投与され、女性は半月後に死亡していたことがわかった。同病院が8月22日発表した。女性は6月20日夜から同月22日にかけて、腹水を体外に出すための利尿剤を投与されたはずだったが、実際には血糖降下剤が投与され、22日深夜から意識不明になり、7月8日に死亡した。病院では記者会見を開いて謝罪した上で、「肝硬変がかなり進んだ状態で、病院としては死因の特定は不可能」として、投薬ミスと死亡との因果関係については、司法解剖の結果にゆだねたい考えを明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中