さとう珠緒 大人のバーを初体験 

印刷

   タレントのさとう珠緒さんは初めてシガーバーに行ったと、2008年8月24日のブログに書いている。

「シガーとは葉巻の事なんですがまったく未知の世界
好奇心だけは人一倍な私
タバコも吸わないのに社会見学
行く事にしました」

   仕事仲間の友人に、東京・恵比寿にあるシガーバーに連れていってもらった。一見すると、普通のバーだ。友人が何やら銘柄を注文すると箱の中からは、束ねられた大量のシガーが取り出される。初めて見て、「ダイナマイトみたい」だった。

   桃のカクテルを飲みながら椅子に座っていると、こんな会話が耳に入ってきた。

「お仕事終えてこうしてシガーを吸うのが最高にホッとするんだよねー 煙はいいよー」
「香港からシガー仲間が日本に来てて、今からここに来るって」

   雰囲気だけでなく、会話の内容も「やっぱり大人の世界ー」だ。また、そこではシガーを通じて初対面の人とも気さくに話ができるという。さとうさんの隣にはイギリス人の男性が座った。思い切って話しかけてみた。

「ワット カインド オブ ガール ドゥーユーライク?(どんな種類の女の子が好きですか?)」

やっぱりキャラ的にもルックス的にも似合わないかなー

   すると、男性は笑って、携帯の待ち受け画面を見せてくれた。笑顔がキュートの日本の女性が写っていて、新婚ほやほやだそうだ。一方、周りでは、経済や政治の話で盛り上がっていて、「この程度の会話しかできない自分がふがいない」と思った。

「なんだか私にはいつになってもシガーは『ゴットファーザー』のイメージ
もしも私が楽屋とかで葉巻を吸ってたら、びっくりされるだろーなー
やっぱりキャラ的にもルックス的にも似合わないかなー」

   これが最初で最後のシガー体験となったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中