「被告席にいるような」星野仙一 球界からネットまでバッシング

印刷

   北京五輪で惨敗した星野仙一監督に、バッシングの嵐が吹き荒れている。楽天の野村監督からこき下ろされ、日本選手団長から指弾され、ネットでも散々叩かれる。何が悪かったのか。

「被告席にいるような感じ」

野球日本代表の公式サイト
野球日本代表の公式サイト
「野球なんか見るか!」「みなさんの前から消えますよ」

   野球日本代表の星野仙一監督(61)は2008年8月24日、帰国後のことを記者団に聞かれ、笑いながらこうまくし立てた。

   「金メダルしかいらない」と言い放ちながら、メダルなしに終わった星野ジャパン。ネット上では、空港で卵攻撃の予告が出るほどだっただけに、星野監督の表情はさえなかった。成田市内のホテルでの記者会見では、「被告席にいるような感じ」と戸惑いを隠さなかった。

   五輪では、選手の度重なる失策などもありながら、星野監督一人が叩かれている印象すらある。

   楽天の野村克也監督(73)は、プロ野球界では特に手厳しい。新聞各紙によると、大学の同期だった山本、田淵両コーチの起用に、「仲良しグループにした時点でダメだと思ったよ」。さらに、「投手出身の監督は視野が狭い」「データを使い切れてないんだろうな」と言いたい放題だった。また、球界ご意見番の張本勲氏(68)は、TBS系の「サンデーモーニング」で、「当然変えなくちゃいけないところで変えなかった」「(監督を)過大評価しすぎ」と痛烈に批判した。

   星野ジャパンは、日本選手団の中でも浮いていたようだ。選手らは体調を整えることなどを理由に北京の5つ星ホテルに宿泊したというが、福田富昭団長は総括会見で、選手村に入らなかったことを「特別扱い」と問題視した。さらに、星野ジャパンが8月に7日間だけ練習や強化試合をしたことに、合宿や海外遠征をするなど1年以上前から準備が必要だったと苦言を呈した。各紙では、韓国のように国際試合球の対策をしていなかったことに批判も出ている。

「チームに覇気がなかった」

   星野ジャパンが失速した理由について、スポーツジャーナリストの岡田忠さんはこうみる。

「一昨年3月のWBCで優勝した王ジャパンほど、チームに覇気がなかったし、まとまりがなかったということです」

   その理由として、まず選手やコーチの人選がよくなかったことを挙げる。

   3敗した岩瀬仁紀投手らが出身の中日からの起用で「情の采配」と批判されたことについて、岡田さんは、「岩瀬はずっとよくなかったので、どうして使ったんだろうと思いました。自信がなさそうで集中力に欠けていたので、信用し過ぎたことはあるでしょう」。3度もエラーしたG.G.佐藤外野手について、「守備力が怪しいのに傷口を広げたのは、監督の責任ですね」と話した。また、故障者が多く、ベストメンバーを選べなかったことも大きいという。

   さらに、岡田さんは、事前準備不足も指摘する。「国際試合球への対策はやるべきだったのではと思います。球界を挙げて、リーグ戦に持ち込んでもよかったでしょう」。

   ただ、福田団長の批判については、やや懐疑的だ。「1年もの準備は、理想論であって、プロの選手では難しい。それをすれば、大リーグのように選手を出さなくなってしまいます。プロは、個人でトレーナーと契約しており、必ずしも選手村に入ったからベストとはいきません」。

   星野監督は、明言を避けながらも、リベンジとして、09年3月のWBCの日本代表監督に意欲を示したとされる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中