郵政民営化早くも見直しか 衆院選にらみ与野党論議が活発化

印刷

   郵政民営化の見直しをめぐる駆け引きが、与野党間で早くも過熱しそうだ。日本郵政公社が現在の日本郵政グループとして民営化したのは2007年10月だが、郵政民営化法は政府の郵政民営化委員会が発足した06年4月から起算し、3年ごとに「民営化の進ちょく状況や経営形態について総合的に見直す」と定めている。これを受け、同委員会は2008年8月21日、09年3月までに見直し案をまとめるための議論をスタートさせた。これを好機ととらえる与野党は、次期衆院選のマニフェストに民営化見直しの具体策を盛り込む方針だ。民営化からわずか1年余りで、組織再編や2010年度の上場目標など、民営化の基本政策が見直される可能性が出てきた。

自民、民主どちらが政権をとるかで大きく方針転換

   郵政民営化委員会は、小泉純一郎元首相のブレーンだった田中直毅氏を委員長に、有識者5人で組織するが、言うまでもなく、同委員会は小泉・竹中路線の郵政民営化を推進する立場にある。このため来春の「3年に一度の見直し」とは、「現行の民営化法の枠内で、進捗状況を点検する程度」(同委員会関係者)と認識している。実際に21日の同委員会で示された見直しのポイントは、07年10月の日本郵政グループの発足で、(1)経営の自主性が高まり、国民の利便性が向上したか (2)郵貯など資金の運用が活性化したか (3)郵便局が地域社会の健全な発展に寄与しているか――など、抽象的かつ限定的な内容になった。

   同委員会はこれらを論点に、全国の自治体、経済団体、産業界、有識者の代表ら約100人から年内いっぱい意見聴取などをした後、年末から具体的な議論に入るとしている。このスケジュールは、年内を関係者からのヒアリングに充て、同委員会としては具体的な議論には踏み込まないことを意味している。

   これには理由がある。次期解散・総選挙の足音が近づきつつあるからだ。年内もしくは年明けが有力とみられる解散・総選挙が行われた場合、自民、民主の両党がマニフェストに何を掲げ、どちらが政権をとるかで郵政民営化は大きく方針転換を迫られる可能性がある。その前に、小泉政権からの意向をくむ現在の郵政民営化委員会が見直し論議をしても、意味をなさないからだ。少なくとも、「次期衆院選の与野党のマニフェストを吟味し、次期政権のスタンスを見極めなくてはならない」(政府関係者)という。

自民党も協議機関を設けて見直し論議を本格化

   郵政民営化をめぐっては、自民党が今秋にも政務調査会に協議機関を設けて見直し論議を本格化させる。民主党は「郵政民営化が地域崩壊をもたらした」(鳩山由紀夫幹事長)などと現行の民営化に批判的で、次期衆院選のマニフェストに見直しを明記する方針だ。

   かつて自民党の最大の集票組織だった「全国郵便局長会」(全特)は国民新党推薦の民主党公認候補の支援を表明している。自民党は「郵政造反組」だった保利耕輔氏が政調会長に就任したほか、郵政票の獲得を目指すべきとの声も強く、民主党に対抗し、地方に配慮したマニフェストをまとめるとみられる。

   このため政府関係者の間では「次期衆院選を控え、与野党の見直し論議が決着するまで郵政民営化委員会の議論は進みようがない」との悲観論が早くも出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中