「ドランクドラゴン」鈴木 夫婦そろって「解散」怖い!

印刷

   「ドランクドラゴン」の鈴木拓さんは、相方に頭が上がらない。奥さんにも重くのしかかっていると、2008年8月25日のブログで明かしている。

「僕は13年間ネタ(コントや漫才)を作った事はありません
そんなネタを作った事のない芸人は僕のまわりにはいないのです」

   よく周りの人は塚っちゃん(相方の塚地武雅さん)に「早く解散しろ」と促す。仲の良い「アンガールズ」の田中卓志さんでさえ、「俺が拓さんの相方だったら絶対解散している!」と、はっきり言ったくらいだ。

「まずい! このままでは解散されてしまう」

   危機を感じる理由はそれだけでない。ギャラは塚っちゃんの好意で折半している。つまり、どんなに相方がドラマに出ようと、映画にでて主役をやっても、取り分は半分になる。塚地さんは11月1日から公開される映画「ハンサム★スーツ」の主演を務めている。さすがに、

「僕から見ても塚っちゃんが気の毒に見えます」

「どうせ塚地さんが働いた金で買った車だから」

   解散という言葉は、鈴木さんだけに重くのしかかった「十字架」ではない。鈴木さんの奥さんにも恐怖になっていて、ことあるごとに「なにか塚地さんに贈り物したほうが・・・」という。「簡単に言うとワイロ」だ。鈴木さんが「そんなことしなくていいよ~」というと、奥さんは「バカっ!」といって頭をブッ叩き、

「オメーが解散されたら何ができんだよ!」

と昔のヤンキーのような口調で責めたてる。

   こんなこともあった。

   鈴木家の車は、奥さんの命令で禁煙にしている。ところが、ヘビースモーカーの塚っちゃんが乗り、タバコを吸ってしまった。そのことを知らない奥さんが、後日、「臭い! 誰か車でタバコ吸っただろう?」と、ヤンキー口調で問いただすと、鈴木さんは塚っちゃんが吸ったことを白状する。すると奥さんは、

「塚地さんなら仕方ないか! どうせ塚地さんが働いた金で買った車だからいいか・・・」

   家族で塚っちゃんには頭が上がらないようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中