デヴィ夫人が一喝 「野球代表は負けると思っていた」

印刷

   デヴィ夫人の愛称で知られる、デヴィ・スカルノさんが2008年8月25日のブログで、北京オリンピックを総括している。中でも、メダル獲得のならなかった野球日本代表には手厳しい。

   いわく、一番印象に残っているのは女子ソフトボールの選手たちだ。上野由岐子投手の力投もさることながら、スーパーのレジをしているという選手、月給20万円台の仕事に就きながら出場した選手がいたことに驚いたという。かたや、野球選手の年俸は億単位だというのに。

「私は星野ジャパンが北京へ向かった時から、このチームは負けると思っていました」

   選抜された選手たちが「一丸となって練習している姿」を見ていないからだ。数日間の強化合宿が行われていながらも、「成果がなくては……」と手厳しい。

   さらに、矛先は代表監督の星野仙一さんに。「まともな練習もせずに、オリンピックに向かうなんて、オリンピックの何たるかも知らず、軽くみていたのではないでしょうか?」。そして、次のような挿話を紹介している。

「野村克也監督が『何故、俺にしないんだ』と仰ったそうですが、『星野仙一監督ならお金が集まるが、野村監督ではお金が集まらない』のだそうです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中