「F1日本グランプリ」本当に大丈夫? 「バスの時間保証できない」に怒り

印刷

   富士スピードウェイ(FSW、静岡県)で2007年9月に開かれた「F1日本グランプリ(GP)」では、送迎のシャトルバスのずさんな運行・管理で、レースの観戦ができない、終電に間に合わない、体調を崩すなどの観戦者が続出、訴訟にまで発展した。主催者は改善を約束したものの、08年10月開催のF1GPチケットに書かれたシャトルバス案内に「レース開始、最終列車出発までの到着を保証するものではない」という一文が記され、再び観戦者の怒りを買っている。

07年は数万人が長時間放置され、救急車で運ばれる人も

   07年9月28~30日に行われたGPは、30年ぶりに会場をFSWに移し開催され、約28万人が観戦した。会場までの交通手段はシャトルバスだけに制限したところ大渋滞が発生。数万人がトイレや救護施設もない中で長時間放置され、スタートに間に合わず序盤を見逃したり、終電に間に合わない観客が続出。適切な誘導がなく、会場内外とも大混雑し、救急車で運ばれる人も出た。このほかレースが見えないという苦情も続出した。

   レース後FSWは、レースが見えなかった指定席の観客約7100人、行きの渋滞で決勝に間に合わなかった観客85人に入場料などを返金をしたが、その他のトラブルに巻き込まれた観客には対応しなかった。そのため、「被害」を受けた観戦者は「FSW被害者の会」を設立。同会の109人が08年6月16日、FSWに対し約3200万円の賠償を求める提訴を東京地裁に起こしている。

   FSWの冨田務会長は07年9月30日の記者会見で、

「楽しみに来たお客さまに応えられず、謙虚に反省したい」

と謝罪。08年開催からは改善が行われるとファン達は期待していたのだが、チケットに書かれたシャトルバスについての注意事項に唖然とする。そこにはこう書かれているのだ。

「いずれの無料バスについても、レース開始、あるいは最終列車出発までの到着を保証するものではありません」

   今回も会場までの交通手段は、シャトルバスに限定されている。

   この記述をめぐってネット上の掲示板やブログを検索すると、

「チケット買う前にはそんなこと一言も言ってねぇwww」
「最低のFSW まったく反省の色なし!」
「っていうかもう(06年まで開催されていた)鈴鹿でいいじゃん、、、」

   などという批判が並んでいる。

「責任のがれをしているようにしか見えない」

   「2007F1日本グランプリ被害者の会」の訴訟代理人・内山浩人弁護士はJ-CASTニュースの取材に対し、FSW は未だに07年のずさんな運行について責任を明らかにしていないばかりか、

「昨年のことがあったため、訴訟を避けることを狙いに、責任のがれをしているようにしか見えない」

と話す。もともとFSW開催前からシャトルバスのみでの観客送迎は渋滞などが予想され、難しいとされてきた。そうした現実が07年に明らかになったわけで、08年は何らかの改善が行われるとしても、飛躍的によくなるかどうかは疑問だ、と内山弁護士は話している。

   実際のところはどうなのだろうか。FSW広報はJ-CASTニュースの取材に対し、07年は様々な問題が起こったことを反省し、

「とにかく今年は信頼を回復することが第一と考えている。万全の体制で望み、しっかりと対応するよう頑張りたい」
と話した。どうやら、問題になっている一文は、観客が見たいと思っているレースの時間に余裕で間に合うように、なるべく早めのバスに乗ってもらいたいという狙いがあるのは確かなようだが…。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中