椿姫彩菜 大好きな「ももえりちゃん」誕生日にお祝いメッセージ

印刷

   ニューハーフでモデルの椿姫彩菜さんは2008年8月28日のブログで、この日に誕生日を迎えたモデル友達・桃華絵里さんに、お祝いのメッセージを送っている。

「ももえりちゃん(桃華絵里さん)、お誕生日おめでとう
ママとしても、女としても、社長としても
まっすぐに、ひたむきに頑張っているももえりちゃん。
大好きです」

   2人の出会いは、椿姫さんがモデルとして出始めた頃にさかのぼる。その頃はまだ、ニューハーフということで引け目を感じていたのか、「モデルの中にいていいのかな、とか変に考えすぎて、なじめなくて、孤立してたんです」と明かす。雑誌の記念パーティーでも、ぽつんと1人でいたこともあった。椿姫さんは、ニューハーフとは思えないほどキレイなモデルとして注目を集めていて、創刊号の巻頭に抜擢されたこともあった。そのため他のモデルの妬みを買い、「なんであんなニューハーフなんかが私より大きく載るの・・・?」「は・・・なんであんな子が?」「手術もまだらしいよ・・・」と言われていた。

「自分の中でなんかどろどろした感情がこみ上げてきて、その場でいなくなりたかった」

   そんな中で1人だけ気さくに話しかけてくれたのが、桃華さんだった。「彩菜ちゃんは女の子じゃん! 可愛いんだから自信もって」と、やさしい言葉をかけてくれた。すると桃華さん自身も、偏見と戦っていることを知る。シングルマザーで、「それだけでダメ人間みたいに馬鹿にされて」いた。

   お互いに、偏見に負けず「一緒に頑張っていこうね!」と誓ってから2年経つ。今では桃華さんはドレスのプロデュース業やママタレントとして大活躍だ。そんな姿に椿姫さんはいい刺激を受けていて、公私ともに欠かせない存在となっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中