三菱UFJがアコムを子会社化 出資比率引き上げへ

印刷

   三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、消費者金融大手のアコムを子会社化する方向で調整している。MUFGは現在、2004年3月に発表したアコムとの資本・業務提携に基づいてグループ全体でアコムの発行済み株式の15%を保有しているが、2008年9月にも株式の公開買い付け(TOB)を実施して、出資比率を40%程度まで引き上げる。子会社化のための投資金額は1400億円規模になる見通し。MUFGは8月28日、「現時点では決定した事実はない」とのコメントを発表した。

   メガバンクでは、三井住友フィナンシャルグループ系のプロミスが07年に三洋信販を子会社化するなど、業績不振の消費者金融部門のテコ入れに乗り出している。MUFGも、アコムの子会社化でリテール事業の強化を図る狙いがある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中