渡辺謙の息子・大さん 主演映画の入りが気になる

印刷

   俳優の渡辺謙さんの息子、渡辺大さんが2008年8月22日、オフィシャルブログ「大それたことはいえません。」を開始した。「自分の仕事や趣味なんかをこのブログに載せてみなさんに届けたい」と意気込んでいる。

   8月27日の記事では、自身が出演した映画『ラストゲーム・最後の早慶戦』を見に行ってきたと紹介している。渡辺さんはこの映画で主演をつとめる。それだけに、映画の入りが気になったのだろう。

「やっぱりどれだけの人が入っているかドキドキしますね
僕が見る前の回の退場するお客さんを見ていたんですが
結構入っててホッとしました」

   そんな中、この日、改めて映画を見たところ、「この作品にめぐり合えて幸せだなぁと実感しました」。次に向かうモチベーションにもなった、と勇み立っていた。

   なお、映画『ラストゲーム』は、戦争が激化した昭和18年が舞台。大学野球部員も学徒出陣することとなったが、早稲田・慶應の学生たちは最後の願いとして"出陣学徒壮行早慶戦"を熱望。映画では、「最後の早慶戦」実現までの紆余曲折が描かれる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中