安田美沙子 「やり残した青春!」江ノ島で満喫

印刷

   タレントの安田美沙子さんは、大学時代の友達と4人で江ノ島(神奈川県藤沢市)に行ったと、2008年8月29日のブログに書いている。

「やり残した青春!
といいつつ、自分では今も青春やけど。。。
先日、大学時代の友達と四人で江ノ島に行ってきました!」

   何年かぶりに会った仲間もいたが、昔と全く変わっていなくて、すぐに昔のように楽しめた。当時、安田さんは東京と京都を行き来していたために、友達が夏休みに田舎にキャンプに行く時には参加できなかった。そうしたこともあり、楽しみにしていた。

   芝生に寝転がったり、展望台に登ったり、海を見たり、洞窟に入ったりと、江ノ島を満喫する。お昼には釜揚げシラス丼を食べた。「あれめちゃくちゃおいしい。あんなおいしいとおもわへんかった」。シラスが気に入ったようで、晩ご飯はシラスピザにした。

「こうして青春を味わったのでしたぁ!
意外とチクチクした芝生。ツンツンして足が赤くなったけど、その感触は、ずっっと忘れへんよ!」

   次回はみんなで高尾山に行くそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中