「ジョブズ氏死去」と誤報 騒動の背景は「健康問題」

印刷

   マスコミは著名人の死去に備えて「予定稿」を用意するのが普通だが、米大手通信社のブルームバーグが、米アップル社CEOのスティーブ・ジョブズ氏死去の予定稿を誤って配信する、という騒ぎがあった。ジョブズ氏はこれまでに何回か健康問題が取りざたされているが、上場企業でもあるアップル社は「(ジョブズ氏の)健康はプライベートの問題」との姿勢を貫いている。この沈黙ぶりが、騒ぎが拡大した背景にありそうだ。

数千社が契約している企業向けサービスに配信

   ブルームバーグが「訃報」を配信したのは、2008年8月27日夕方(米国東部時間)。記事の冒頭には「HOLD FOR RELEASE - DO NOT USE (解禁まで待て。使用禁止)」という「予定稿」を示す文言があったのだが、どういう訳か、数千社が契約している企業向けサービスに配信されてしまった。

   記事では、ジョブズ氏のことを

「PCが電話と同じくらい使いやすくなるのに一役買い、アニメ映画の制作方法を変え、消費者をデジタル音楽へと引き込み、ケータイを改革した」

と紹介。予定稿ということで、年齢と死因の部分が空欄になっている。記事は2500語に渡る長文で、ジョブズ氏の経歴が詳しく書かれている。さらに、死去後に誰にコメントを求めるかについてのメモ書きのようなものも含まれている。その中には、ジョブズ氏とともにアップルを創業したスティーブ・ウォズニアック氏や、ライバルのマイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏などの著名人が数多く含まれている。

   ブルームバーグ側は誤報に気づき、

「アップル社についての不完全な記事が、不注意で配信されてしまいました。この記事は決して公開を意図したものではありませんでした」

として記事を撤回。予定稿にあるジョブズ氏の経歴を更新する作業中に、システムの操作を誤ったのが誤配信の原因とみられている。

ブロガーの間では「ガン再発」がささやかれる

   このような「誤報」は異例なだけに、米国のブログ型ニュースサイト「ゴーカー」や、英国の高級紙「デイリー・テレグラフ」が、語配信された文章を転載、さらにそれをブロガーが転載するという構図で、波紋が広がっている。

   この「訃報」がこのような騒動になる背景には、ジョブズ氏の健康問題に対するスタンスの問題がある。

   例えば04年にはすい臓ガンが発見され手術を受けたが、治療が完了するまでは病の存在を従業員にも伏せ続けた。08年6月に、開発者向けの世界会議に出席した際には、以前と比べて痩せていたことから、ブロガーの間では「ガン再発」がささやかれた。

   そんな状況に対して、アップル社は「健康状態はプライベートなこと」との姿勢を貫いており、口が重い。

   ただし、アップル社はNASDAQに上場している企業でもある。上場企業トップの健康状態は株価に直結しかねないだけに、「健康問題はプライベート」と言い切ってよいのか、議論を呼びそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中