夏休み最後の8・31は「野菜の日」! 「もっと野菜食べて」とタレント達も応援

印刷

   8月31日は「野菜の日」。夏休み最後となるこの日、東京都内では関連の「イベント」が相次いで開かれた。子どもの食育が課題になっているなかで、野菜への認識を新たにしてもらおうという狙いだ。野菜はそれほど好きでなかった子どもたちも手にとってはしゃいでいた。

子どもたちの食育への取り組みが大きな課題

東京・銀座では「野菜の日」にちなんでかぼちゃが配られた
東京・銀座では「野菜の日」にちなんでかぼちゃが配られた

   食育は、食事やその習慣について考え、食に関する知識や判断力を身につける学習のこと。野菜をあまり摂らないなど「食生活の乱れ」が指摘される現代社会で、子どもたちの食育への取り組みが大きな課題になってきている。また、最近では野菜の消費も低迷しており、農林水産省や全国農業協同組合連合会もこの日、野菜をもっと食べてもらおうと、パンフレットを配布したりイベントを開催している。

   「野菜の日」は、8(や)3(さ)1(い)の語呂合わせから全国青果物商業協同組合連合会などが制定した。野菜への関心を持ってもらいたいという願いがこめられた日だが、2008年8月31日には東京で数々のイベントが開かれ、親子連れが多く訪れた。

   通称「野菜ソムリエ」の資格試験を実施する日本ベジタブル&フルーツマイスター協会はこの日、東京・台場で『野菜の日“野菜ソムリエイベント2008”』を開催。「野菜ソムリエ」の資格を持つ王理恵さんとタレントの山口もえさんが「野菜の魅力」について語った。

   山口もえさんは「(自分の)子供がもうちょっと大きくなったら、一緒に野菜を育てたい」と今後の目標を語り、自身も野菜を育てているという王理恵さんは、「野菜嫌いになる『入り口』は無関心。自分が育てた野菜を見ると愛おしい。子供にもそういう思いをさせたい」と話した。

   子どもも楽しめるようにと、縁日風にしたという会場では、たくさんの親子連れが訪れ、金魚すくいならぬ「ミニトマトすくい」や野菜をテーマにしたクイズ「ベジフルクイズ」を楽しんでいた。

エコバックに入った「ぼっちゃんかぼちゃ」が配られる

「野菜の魅力」について語った山口もえさん(左)と王理恵さん(右)
「野菜の魅力」について語った山口もえさん(左)と王理恵さん(右)

   東京銀座の「プランタン銀座」でも「野菜の日」記念イベントが開かれ、野菜棚が並べられた会場では、エコバックに入った北海道産・ぼっちゃんかぼちゃや「ハウス北海道シチュー」が3000人に配られた。このイベントは、ハウス食品が主催し、ホクレン農業協同組合連合会が協力した。

   また、8月31日からは「野菜ソムリエ」の資格を持つ西田ひかるさんとハウスシチューのキャラクター「なべくま」を新たに起用したCMを全国で展開。「野菜の日」をきっかけに、野菜の消費拡大やシチューの販促に力を入れるという。

   子どもたちは、エコバックから「ぼっちゃんかぼちゃ」や「なべくま」のピンバッチを取り出してはしゃいでいた。会場には実際に、この日デビューとなる「なべくま」が登場し、子供たちは握手をしたり、記念撮影したり、笑顔を見せたり。野菜についての興味も増したようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中