「都庁改修費なんと1300億円」 大誤報か、時事の特ダネか

印刷

   東京都庁が1300億円を投じて新宿の本庁舎ビルを大改修するという記事を、時事通信が2008年8月26日に配信した。「日刊ゲンダイ」も08年9月2日付けで同様の記事を書いた。都庁舎の建設費は17年前で約1600億円。1300億円という数字は建替えに匹敵するとんでもない額だ。都庁はこの記事に「全くの誤報だ」と立腹している。いったいどちらが正しいのか。

「いっそのこと都庁を建替えたらどうか」

17年前に約1600億円の巨費を投じ建てられた東京都庁
17年前に約1600億円の巨費を投じ建てられた東京都庁

   時事通信によると、都庁本庁舎ビルを今後10年程度かけて大規模改修する計画で、改修費は総額1300億円規模に上る見込み、と書いている。「設備の老朽化」などが理由で、

「庁舎完成前後には、その巨大さや豪華さを批判された経緯があり、再び巨費を投じる大規模改修に都民から反発の声も上がりそうだ」

と結んでいる。

   時事通信の独自記事で、事実なら「スクープ」。「日刊ゲンダイ」は08年9月2日付けで後追いした。記事によれば、改修費に1300億円もかかるのが本当なら、

「いっそ簡素で維持費がかからないビルに建替えたらどうか」

と提言している。都庁舎は「バブルの塔」と呼ばれ、バブル期に計画され「好き勝手」に作った結果、複雑な造りになってしまった。そのため改修費が嵩み、維持費も年間50億円も必要。蛍光灯一本換えるのに一週間、窓ガラスを拭くのも大変で「建替えしたほうがいい」というわけだ。

   これらの記事は本当なのかJ-CASTニュースが東京都財務局に聞くと、

「とんでもない誤報です。時事通信の取材はありましたが、そういう事実はありませんよと伝えたところ、記者は『誤報でも書きたい』と言いました。まさか本当に記事になるとは。ビックリして、(時事通信に)猛烈に抗議をしました」

と話し、かなり立腹している様子だった。

都庁内部でも様々な立場での思惑が錯綜??

   同財務局によれば、完成して17年も経っているため、大改修となれば、どこを直すのか、どれくらいの経費がかかるかを計算して計画を策定。その後、改修予算の承認、という流れになるそうだが、現在のところ改修の計画すら固まっていないのだという。1300億円という数字については、

「どこから出てきたのか逆にこちらが知りたいです」

というのだ。

   J-CASTニュースが記事を書いた時事通信の内政部に取材すると、記事を配信するに当たり裏付けは取っている、としたものの、

「都庁内部でも改修費に関する様々な立場での思惑が錯綜している。莫大な費用になることを懸念し、反対する動きもある。改修費については今後、都民の反応を見ながら決定されるので、1300億円という数字が変わっていく可能性もあるわけです」

というあいまいな説明だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中