「超速」グーグルブラウザ 「IE寡占状態」崩れるか

印刷

   ウェブサイトを閲覧するための「ブラウザ」のシェア争いが加速するなか、検索エンジン大手のグーグルが、独自のブラウザを発表した。検索方法が簡略化されたほか、圧倒的な動作の速さが特徴だ。マイクロソフト(MS社)のインターネット・エクスプローラー(IE)が圧倒的なシェアを誇るブラウザ市場に異変が起きそうだ。

「アドレスバー」の機能を拡張、サジェスト機能も備える

米国本社からはエンジニアリングディレクターのライナス・アップオン氏が参加した
米国本社からはエンジニアリングディレクターのライナス・アップオン氏が参加した

   グーグルは2008年9月3日、同社によるブラウザ「グーグル・クローム (Google Chrome)」の無料配布を開始した、と発表した。配布されるのは、ウィンドウズで動作する試験(ベータ)版。マックおよびリナックス向けには、数か月以内に提供が始まる予定だ。

   「クローム」では、従来のブラウザではURLを入力する場所だった「アドレスバー」の機能を拡張。URLや検索のキーワードを入力すると、関連する言葉をあらかじめ予想して表示する「グーグル・サジェスト」の機能も備え、利便性を向上させた。

   さらに、これまでの多くのブラウザでも備えていた、複数の表示画面を切り替えられる「タブ」の機能を強化。1つのタブが動かなくなっても、ブラウザ全体が動かなくなる(固まる)ことがないように工夫された。

   だが、もっともユーザーに驚きをもって受け止められているのは、表示速度の速さだ。「クローム」には、アップル社主導で開発された「ウェブキット(WebKit)」と呼ばれるHTMLを表示する仕組み(エンジン)を搭載しているほか、「ジャバスクリプト(JavaScript)」と呼ばれるプログラムの一種を動作させるための独自エンジン「V8」も新たに搭載した。

   同日、グーグルの日本法人オフィス(東京都渋谷区)で開かれた記者会見では、米国本社からエンジニアリングディレクターのライナス・アップオン氏もテレビ会議で参加。

「新ブラウザで、簡単に、高速に検索できるようになった」

と「速さ」への自信を見せた。他ブラウザとの処理速度の違いについては、

「表示させるページの種類によって、表示速度は異なってくる」

などと明言を避けた。だが、J-CASTニュース編集部で実験してみたところ、IEのバージョン7(IE7)では、J-CASTニュースのトップページを表示するのに3秒弱かかったのに対して、「クローム」では、約1秒。差は歴然としている。

「ファイヤーフォックスよりも、明らかに速い」

   編集部内でも、実際に「クローム」をインストールする記者が続出。「ファイヤーフォックスよりも、明らかに速い」などと、次々に「超速」ぶりに驚きの声が上がっている。

   「インターネット白書2008」(インプレスR&D)によると、現在の国内のブラウザのシェアは、「IE7」(36.6%)、「IE6」(29.0%)、「ファイヤーフォックス ウィンドウズ版」(10.3%)といった具合で、「IEの寡占状態だった市場を、ファイヤーフォックスが猛追している」という状況だ。今回の「クローム」の登場で、この構図が大きく変化する可能性が高い。

   前出のアップオン氏は、

「数百万ユーザーに使って欲しい」

と話すのみで、具体的なシェアやダウンロード数の目標は明らかにしていない。一方で、

「グーグルの全てのビジネスは、ブラウザから始まる。グーグルにとってブラウザは重要だ」

とも話し、シェア拡大への意欲を見せていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中