アジア・メディア上場廃止 東証のアジア戦略に大打撃

印刷

   東京証券取引所は2008年8月19日、中国本土の企業として初めて東証マザーズに上場していたテレビ番組関連事業会社「アジア・メディア・カンパニー・リミテッド」の上場廃止を決めた。同社の前最高経営責任者(CEO)が会社資金を私的に流用したことが発覚し、監査法人が財務諸表への意見表明を見送ったことが原因。東証の審査能力も問われそうで、アジアでの中核市場を目指す戦略にも大きな痛手になった。

東証の上場審査が甘かったのが原因?

「投資家や関係者の方々には非常に申し訳なく、残念に思っている」

   東証の斉藤惇社長は8月26日の会見で、経営トップが不祥事を起こしたアジア・メディアを上場廃止にしたことを陳謝した。ただ、「これが妙なトラウマになってはいけない。中国やアジア諸国の新興企業を東京へ誘致する活動は積極的に取り組んでいきたい」と述べ、戦略には変更がないことを強調した。

   アジア・メディアは07年4月に上場。中国本土からの初上場として、アジア企業の積極的な誘致を進めたい東証関係者にとっても、アジア・メディアの成功を祈った。だが、その願いは今年6月に前CEOの私的流用が発覚し、あっさりと消えた。東証は6月下旬に上場廃止の恐れがあるとして監理銘柄に指定。東証の自主規制法人は、アジア・メディアの役員らから事情を聞いた。また、中国当局やアジア・メディアが前CEOの責任を追及する動きを見せなかったことを受け、東証は8月1日、前CEOを北京市の公安当局に刑事告発した。

   証券市場では、アジア・メディアの不祥事は「上場企業として許されない」という批判のほか、「東証の上場審査が甘かったのが原因」「前CEOを刑事告発したのは、東証の責任から目をそらすため」などと、東証の姿勢を問題にする指摘も出ている。 これに対し、東証は「外国企業は、国内企業以上に厳しい審査をしてきた。上場後の不祥事を防ぐことはできない」(幹部)などと反論する。斉藤社長も「監査法人、主幹事証券会社、東証は、現地に行って調査して周りの情報も集めている。少なくとも上場時点では問題はなかった」と述べる。

外国企業の上場数はピーク時の6分の1

   だが、東証から外国企業の上場廃止が相次ぐ中、アジア・メディアの上場廃止は、東証の戦略に大きな打撃になった。外国企業の上場数はアジア・メディア社の上場廃止で21社になり、ピーク時の6分の1に落ち込む。東証は「アジアの中核市場を目指す戦略が大きく方向転換することはない」(斉藤社長)とあくまでも強気だが、証券市場では「東証の外国企業は質が悪いというイメージはなかなか拭えず、市場としての地盤沈下は避けられない」(大手証券)という悲観論も聞こえてくる。外国企業の誘致戦略は大きく躓いたが、ばん回策が見えておらず、東証経営陣の苦悩は続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中