音楽ユニット「悲愴感」が解散

印刷

   フジテレビ系バラエティ番組『はねるのトびら』で結成された音楽ユニット「悲愴感」が解散することになった。お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志さんが2008年9月8日、モバゲータウン内の日記で明かしている。

   「悲愴感」とは3人のお笑い芸人、山本博さん(ロバート)、田中卓志さん(アンガールズ)、鈴木拓さん(ドランクドラゴン)からなる音楽ユニットだ。7月にはデビュー曲『悲愴感』を発表している。もちろん、上地雄輔さんらのユニット「羞恥心」のパロディだ。

   田中さんは、日記にこう綴っている。

「先日のはねるのトびらで放送した通り、悲愴感は20日の解散ライヴを最後に解散することになりました。短い活動期間となりましたが、この二ヶ月間沢山の方が応援してくれて、本当に嬉しかったです」

   本家「羞恥心」の人気にも劣ることなく、オリコンウィークリーチャートでは5位に、また、携帯電話用音楽配信サイトではダウンロード数1位を獲得するほどの人気だった。

「デビューする前は僕達のような三人のCDなんて正直売れないだろうなー、なんて3人でご飯を食べながら喋っていましたので、今は信じられない気持ちでいっぱいです」

   本当にありがとうございます、とのお礼が綴られるとともに、残り2週間足らずの活動も頑張っていきたいと抱負を語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中