「羞恥心」つるの剛士 「只今センチやねん」

印刷

   「羞恥心」のつるの剛士さんは、最近センチメンタルなのだという。2008年9月9日のブログに書いている。

   この日、朝起きて窓開けたら、「すごく素敵な風」がスーッと入ってきた。なつとあきの間なので通称「なき」の風と呼んでいる。

「ボキはこの時期
スーパーセンチメンタルになります。
妙に感傷的になります」

   旅したくなったり、ウクレレ持って湘南へ行きたくなる。また、青春時代の恋愛や、文化祭の準備をしていた時のこと、北海道修学旅行を思い出す。

   キンモクセイの香りが漂い始めるまでがピークだ。

「ポッキンがなんだかポワ~ンとしてても放っておいてやってください。
もうちょっとだけ
そっとしておいてやってください。
ボキ、只今センチやねん」

   どこの地域が一番先にキンモクセイが香るのか知りたいので、キンモクセイが香ったらすぐ教えて欲しいという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中